スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ2からです。

  • 2008/09/24(水) 11:47:54

まずはキレイオームさんからです。

 みなさんは人生で最高に好きな人がいるだろうか。
その人に対して、間違いをしたことがあるだろうか。
その時、みなさんはどうするか。

 私が生まれてから、現在まで、人生で最も好きな人は祖母である。
彼女は母の母であり、1926年にウボンラシャター県で生まれた。
私が生まれてからほとんどの人生は祖母と一緒だ。
幼少時代はいつも祖母と寝、食事をし、毎日料理を作ってくれ、今まで彼女が作った料理の味を覚えている。

 ところで、高校生の5年生の時、おばあさんは思い病気になり、その時祖母の病気を心配する気持ちより大切なことはなかった。
また祖母は
「人間の人生はいつ死ぬか分からないので、ばあちゃんがいなくなったら、自分で自分の世話をしてね。」
と言った。私は
「ばあちゃんは私の卒業式に行かなきゃね。」
と答えた。
おばあちゃん


 祖母の病気は良くなった。
大学に入った時、祖母から遠くいればいるほど心配するような想いがした。

 2005年10月、祖母を訪問するため、うちへ帰った。バンコクに帰るとき、祖母は駅まで送ってくれ、私もなんとなく心配な気持ちで祖母を抱きしめた。

 2006年のお正月に私は祖母に電話をすると、
「ばあちゃんを訪ねてね。オームちゃんにとても会いたいから。」
と言った。私は
「うん、来週帰るよ。待っててね。」
と答えた。
それから、祖母は入院し、1月11日妹は祖母が亡くなったと電話をした。
私の心は破滅するようであった。

 このことは、私の教訓になった。つまり手遅れになる前に、一番良いものをあげた方がいい。
今祖母がいなくても、彼女はずっと私の心の中にいる。

出会いもあれば、別れもあるのが人生です。
おばあさんが亡くなったことは悲しいけれど、
きっといつもオームさんを見守っているはずですよ。

次はポム(36番)さんからです。


 子どもの時、私はある親友がいた。
彼の家は私の家に近かった。
私たちは幼稚園から中学まで一緒に勉強した。
私たちは楽しく遊んだが、そのような幸せの時間はもう無くなった。

 ゴルフというのは私の親友の名前である。
彼と私は性格が正反対だった。
彼は強い自信があり、怒りっぽく、話し好きな人であるが、私は内気で、気が長く、静かな人である。
しかし、私たちは全然喧嘩したことがない。
毎日私たちは一緒に学校に通ったり、遊んだり、食事をしたりした。
中学校を卒業した後、彼はアメリカに留学した。
だから、私たちはあまり連絡しなかった。
 
 3年後、私はタイに帰ったが、新しい家に住んでいた。
時々、私たちは一緒に映画を見、旅行に行った。
しかし、昔のように親しくなくなったので、彼のことをあまり知らなかった。

 ある日、偶然彼のお母さんに会った。
お母さんはお父さんと別れた後、彼の行為が悪くなったと言った。
彼はあまり家へ帰らず、何を聞いても、答えがなかった。
お母さんは彼が麻薬を使っているのではないかと疑った。
それから、私は彼に電話して、お母さんが話したことは本当だと知った。
しかし、彼は一生懸命麻薬を止めていた。
マリファナ


 4ヵ月後、彼はガンで亡くなってしまった。
友人のみんなは彼が病気だったと全然知らなかったので、とても驚いた。
実際、彼は麻薬を止められ、お母さんのために、一生懸命勉強していたが、遅すぎだった。
 
 彼のことによって、人生は短いので、何でも早くするべきだという教訓を得た。
それに、麻薬は体に悪いので、麻薬と関係しない方がいい。

仲が良かった友人が亡くなるというのは、とても悲しいことでしたね。
麻薬は怖いですよ、それによってその家族や友人まで悲しくさせるものです。
彼からの得た教訓を生かして下さいね。

スポンサーサイト

グループ1からです。

  • 2008/09/24(水) 11:16:09

はじめはプリアウさんからです。

教訓はそれぞれの人によって違うようだ。
若者の間では大切な教訓を得た人が多いようである。
私もこのことには賛成だ。
新しいことを知りたい、見たい、やりたいということは若者にとって、当たり前である。
とにかく悪いことが分かっても、やりたいと思う。
では若者はどんなことをするのか。

 中学校で私は良い生徒ではなかった。
追い払われるような生徒の一人にすぎなかった。
特に、学校の規則の通りにしなかった。
私の家は学校の近くなので、早く起きずいつも朝寝坊した。
または、クラスに入る前に、列に入ることや国歌を歌わなければならないのが嫌いだった。
それで日頃の態度に関する点は10点を切られた。
 
 次に私が流行ヘアスタイルが好きだったので、その通りにカットした。
2回で60点も切られた。
先生は両親と私の日頃の態度について相談しても、私はまだ変わらなかった。
その時はやりたいことがあったら、やりたかった。
 
 ヨーローボールの時、小さいグループの学生はボールに関する賭け事をした。
リーダーがいて、お金をもらう。
賭けをする人がたくさんいたので、一人が捕らえられる他の人も私も捕らえられた。
この規則は50点を切った。
各生徒は百点を切ったが、私は90点を切った。
その時両親に叱られて、心配された。

 今まで、全部のことを覚えている。
成績が良いので、追い払われなかったことは嬉しかった。
そのことは悪いことでも、私にとっては良いことで、大切な教訓になった。
今大人になったので、どんなことをしたか分かる。
悪いことをしたら、会社の人に非難されるかもしれない。
若いときにやったことは、ずっと私の思い出と教訓になる。
青春

誰にでもそのような時期(じき)はありますよ。
社会に出た後(働きはじめてから)、お世話になった人へ恩返し(おんがえし)を
していけばいいのだと思います。
これからがんばってね。

次はダーさんからです。


子供のこと、皆は医者に会ったことがあるだろうか。
長い時間待ち、5分だけチェックされた。
薬は風邪薬だけもらった。
風邪になったら、鎮痛剤をもらった。
しかし、医者から、この病気を誤診された人もいる。
病状は悪くなり、お金もたくさんかかる。
私はこのような悪いことがあった。
「Teplarin」病院でひと月ほど入院した。
それは人生最悪で、私の教訓にもなった。
注射


私はお腹が痛かったので、医者にあった。
医者は私が食あたりになっただけと言った。
薬を飲んだのに、まだお腹にひどい痛みを感じた。
したがって、母は私に一度医者に会いに連れて行ってくれた。
医者は一度チェックすると、
「あなたは手術が必要だ。」
と言われ、「Teplarin」病院でひと月ほど入院することになった。
しかし手術後も何も食べられない。
毎日食塩手術をしなければならない。
また二週間に一回手術をした。
子どもなので、手術することはとても怖かった。
その上、その医者は私のお腹に道具を忘れてしまったと謝罪した。
母はこのことを聞いて驚いた。
二回の手術後、私は毎日苦手注射をしなければならなかった。
これは悪い記憶である。

 医者の誤診により、お金がたくさんかかっただけではなく、学校も休まなくてはならなかった。
あの時、もう一度医者に会わなかったら、もう亡くなっていたと思う。
したがって、どんなに秀才な医者に会っても全部を信じない方がいい。
多分お金と時間を失うだけではなく、命までも失うかもしれない。
これが私の教訓である。

ぞっとするような経験ですね。
本当に見つかって良かったですね。
ダーさんが書いていたように、重い病気の時は何人かの医師(いし)に見てもらった方がいいですよ。

グループ2からです。

  • 2008/09/24(水) 11:07:50

はじめにピンクさんからの作文を紹介します。

現在、タイには様々な食の問題がある。
なぜこの問題が起こっているのか。
原因は人間から、または動物から、自然からか。
あるいは生産者からかもしれない。
大抵の生産者は利益を得たいので、あまり消費者を気にすることがない。
生産者はたくさんの利益を得るために、どうすればいいのか。
今、ある食の問題として鶏に関することである。

karaage.jpg


なぜ鶏を食べるのは危ないのか。
三点に分けられる。
はじめに、鶏園の所有者は化学薬品を使っていることである。
鶏を大きくするために化学薬品を使わなければならない。
早く売り出すために、鶏を大きくしなければならない。
鶏園の所有者は大もうけばかりを考えている。
消費者は長い間食べたら、勿論調子が悪くなる。
第二には、鳥インフルエンザが起こったことである。
鳥インフルエンザになると、鶏でも人間でも、死ぬことがある。
その上、卵も危ない。
特に半熟の卵を食べると、鳥インフルエンザになる。
第三に、料理をする売り手が、古い植物性油を使って揚げることである。
なぜ売り手は古い植物性油を使うのか。
値段も安いし、大儲けしたいので、使うのだ。
消費者の体によくない。

私の考えでは、食の問題は非常に大切だと思う。
現在多くのタイ人はだんだんガンになっているようである。
大抵の原因は、食べることによる。
なぜ生産者は大儲けばかりを考えるのか。
消費者の体の調子を全然気にしないのか。
自分が生産者だったら、どうすれば良いのか。
私はみんなが料理を買うとき、信じられる品質のある店を選ぶべきだと考える。

タイでは鶏をよく食べますね。
鳥インフルエンザが流行った時でも、かなりの日本人は鳥や卵を敬遠していました(買わないようにしていました)が、タイの法律ではそれほど厳しくすることはできないというのが本当のところです。


次はトゥーイさんからです。


 料理はたくさんある。
それぞれの国は違う料理がある。
現在、料理の作り方をだんだん開発している。
一方で、売り手にはあまり倫理規定というものはない。
たくさん儲けが欲しいので、買い手の体の調子を考えない。
タイで人気な料理はタイのラーメンである。

昔、タイのラーメンはよく食べられる料理であった。
しかし、今大体の人はあまり食べない。
その原因は怖いからである。
タイのラーメンは化学薬品がたくさん入っている。
一つのラーメンの中で考えてみると、面や肉、野菜、そして調味料が入っている。
みんなは危なくないと思うだろう。
しかし、実際には危ないのだ。

まず面について説明する。
長い時間保つため、保存料を入れる。
特にバミーである。
その上、バミーは卵から作るから危ない。
次は肉である。様々な肉がある。
例えば、魚やえびボール、鶏肉、豚肉などである。
それらの肉は新鮮さを保つため、化学薬品を入れる。
そして野菜である。
野菜は殺虫剤がたくさんあるが、売り手は時々野菜を洗わない。
バミー


また重要なのは鍋(なべ)である。
最近のニュースによると、ラーメンの鍋にはたくさん化学薬品がついている。
その化学薬品は鉛(なまり)である。
鍋の温度が上がると、鉛が出る。
だからお湯に鉛が入る。買い手はそのラーメンを食べると体の調子が悪くなる。
亡くなってしまった人もいる。非常に危ない。

 私の考えでは、売り手は買い手の体を考えたら、売り手も買い手も心配せず、幸せになれる。
そうすれば売り手もよく商売でき、買い手は安全だと思う。

トゥーイさんも自分たちに身近なトピックで書いてくれましたね。
身近な食の問題だからこそ、みんなに考えてもらいたいと思いました。
面白いトピックでしたね。ありがとう。



グループ1からです。

  • 2008/09/22(月) 18:53:00

「昔と今」について、みんなが面白いトピックで書いてくれたので、
最後まで読んで下さい。

まずはテェーンさんからです。


化粧品と言えば、どの女性にとっても必要なものだ。
タイでは、昔の化粧品はハーブをはじめ、自然のものから作っていた。
しかし、現在は薬品を混ぜている化粧品が流行している。
なぜ、今タイのハーブ化粧品が少なくなったのか。
昔のおしろい


まず、昔のタイの女性は服やハンカチ、枕などに良い香りをつけるため、「ナムプルン」を振りまいた。
「ナムプルン」というのは、様々な雨水から作られた、今の香水のようだ。
良い香りは能を刺激し、機嫌が良くなり、リラックスもできる。
次に昔はブロックとファンデーションのパウダーが無かった。
日差しから肌を保護するため、「ペァンカミン」を塗って、日に当たりながら働いていた。ペァンは「ダィンソーポン」というハーブ化粧品と「カミン」はウコンである。
日差しだけでなく、にきびと発疹も治療できている。
最後に、口紅について、現在は様々な色が選べるリップクリームやグロスなどがある。
一方で昔、「シーピュン」いうのは、蝋とココナッツ・ミルクを混ぜることから口紅に潤いを出していた。
その上、口紅が彩るために、朱色も使っていた。
 
このような化粧品について、祖先は自然のものから化粧品を発明していた。
自然のものから安く、安全ながら、便利でなく、持ちにくい、それに長持ちもできないからであろう。
そういう訳で技術が発展すると、昔の人が使っていたナンプルンに代わり、外国の香水になった。
シープュンの色が少ししかない、数十種類のきれいなリップになっている。
昔、流行の技術がなくても、自然からきれいになった人々は素晴らしいと思う。
よく考えてみると、今の化粧品はかなり高く、アルコールと保存料の物質も入っているかもしれない。
自然から化粧品を作った方が良いと思う。

良い点に気がついていますね。
今はとてもきれいになれるけれども、やはりそれにはデメリットがあるわけです。
何かを買う時や使う時には、その点をよく考えて上手に選ぶべきですね。

次はキャットさんからです。



現在、タイには、色々な商店がある。
例えば、コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート)やスーパーマーケット(トップススーパーマーケット・ロータス・エキスプレス)、乾物屋などである。
しかし、今、乾物屋の商店は少ししかない。
なぜ、乾物屋はだんだん無くなったのだろうか。

一番目、コンビニとスーパーマーケットは乾物屋よりとても便利である。
例えば、現金に代わる色々なカードが使え、ものは全部トレードマークがある。
今、セブンイレブンは「Smart Pass」カードがある。
そしてスーパーマーケットはクレジット・カードが使える。
特にクレジットカードはとても便利である。物を買う、食事で使う、映画のチケットを買うなどに使える。
だから、デパートへ行くとき、お金がなくても、そのカードがあったら、何でも払える。
しかし、乾物屋は現金だけしか払えない。

二番目に、質である。
コンビニとスーパーマーケットは乾物屋より新しい物を売っているし、店内が清潔である。
なぜなら、コンビニとスーパーマーケットには多くの人が行くので、いつも物を買わせ、新しいものを入れ替える。
しかし乾物屋に行く人は少ないから、買われない。
長い間買わないと時々その物は賞味期限が切れてしまうかもしれない。

そういう訳で、乾物屋はだんだん無くなる。
大体の人は乾物屋よりコンビニとスーパーマーケットに行くのが好き。
または、ある乾物屋はコンビニに代わる。
そして、そんなコンビニは外国のブランドだから、結果はたくさんのお金が外国に流れ出す。
これは残念だ。
kannbutuya.jpg


世の中は、便利さと清潔さだけが一番良いのように変わっていくようですね。
その一方で、一部の古いものはそのままに、なんとかタイの観光に生かせないものかなといつも思います。
古いものを守っていくにはどうしたらいいのでしょうね。






食について

  • 2008/09/22(月) 13:57:25

今回はみなさんにとって、身近な「食」についての作文を書いてもらいました。

まずはルクターンさんからの作文を紹介します。


タイ料理は、ユニークな料理である。
けれども現代では周辺諸国と西部地方の影響を受けている。
したがって大抵の若者たちは、本当の伝統的なタイ料理を知らない。

本当の伝統的なタイ料理とは何か。
全てのタイ料理の中で、トムヤムクンやソムタム、パッタイ、ナン・プリックなどというのは代表的なタイ料理である。
よく考えたら、本当のタイ料理はココナッツミルクを入れない。
今あるココナッツミルクを使った料理は全て外国(インドやマレーシア)から入ってきたものである。
例えば、マッサマンやパネーグやゲーンキレックなどである。
そのほかに、昔からタイ料理は辛いものが多いので、生野菜とゆでた野菜をよく食べた。
地域によって料理は違う。
例えば、イサーン料理のソムタムや南部料理のゲーンタイプラーなどである。

 次に、本当の伝統的なタイ料理の調味料についてだ。
昔、タイ料理はナンプラーを使わずに、塩を使った。
タイ料理に調味料は大切なものである。
なぜなら他の国々の料理とは違う。
大体のタイ料理の調味料はスパイスである。
タイの独特なスパイスはインドのスパイスとは違う。
代表的なスパイスは小さい唐辛子、ライム、レモングラス、ガランカル、にんにくなどだ。本当の伝統的なタイ料理は沢山ハーブを入れる。

 現在ではタイで外国の料理が流行っているので、タイ人は特に若者は、本当の伝統的なタイ料理が分類できない。
さらに、タイ料理の作り方も難しく、複雑で多くのタイ人は作るのが好きではない。
外国人にタイ料理について説明できるために、伝統的なタイ料理をもっと知るべきだ。


ココナッツの料理はタイのものだと思っていましたが、本当は違うんですね。
マッサマンという料理を知らなかったので、調べてみました。

マッサマン



次はウィットさんからです。

イスラム教徒はいつも周りの人から、
「どうしてイスラム教徒は豚肉が食べられないのか。」
と聞かれる。
大体の人々はイスラム教徒が豚肉を食べないと分かっている。
豚肉

しかし、なぜイスラム教徒が豚肉を食べられないのかという理由が分かる人はあまりいないであろう。
この作文では、イスラム教徒の食生活について書く。

 この問題の答えは二つある。
信念についての理由と科学的な理由である。
まず信念についての理由を説明する。
昔イスラムの教祖が誕生した時、豚による伝染病がはやったので、教祖は安全のために、豚肉を食べてはいけないと規定した。
その時から、イスラム教徒は豚肉を食べなかった。

次に、科学的な理由を説明する。
豚肉は一つの最も汚い動物だと言われている。
豚は自分の排便を食べ、よく泥で遊ぶからである。
泥の中に菌がいるので、豚は感染してしまうのかもしれない。
それで、豚肉の中に様々な寄生虫がいる。
体に危ない寄生虫はTaeniaSoliumとTrichuraTichurasisである。
料理しても、これらの寄生虫の卵は残る。
それに、豚肉は脂肪も多い。
たくさん食べたら、様々な病気になる。
心臓病や血圧についての病気などである。

 将来、豚肉の中にいる寄生虫が排除できても、イスラム教徒は豚肉をまだ食べられない。
教祖が規定した規則を信念とするからである。
ある料理を食べてはいけないという規則を規定したことは、人間に宗教の範囲内で暮らすよう忠告するためである。
人間は神が規定した範囲外で食べてしまえば、他の範囲でも違反してしまうであろう。
これは良くないことではないだろうか。

日本では昔、豚肉を食べることは禁じられていました。
でもその理由は定か(さだか)ではありません。=よく分かりません。
明治時代から次第に食べられるようになったようです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。