スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ2からです。

  • 2008/07/04(金) 20:31:42

今回は「OOの歴史」について書いてもらいました。
場所や大学、学部など何でもいいということでしたね。(ただし、人物以外)
最初にピックさんの作文を紹介します。


 今、私は産業教育学部で日本語を勉強している。しかし、この学部のことをあまり知らないので、この作文では産業教育学部について書く。
 1977年1月10日に産業教育学部が設立された。昔は産業教育学部ではなく産業教育と科学という学部の名前だった。この学部で勉強した人は卒業した後、他の専門学校で教える先生になった。1988年2月8日理学部が設立されたので、学部の名前は産業教育に変わった。それから1997年に日本語科が創られた。今まで12年ほど日本語科が開かれている。
 「KMITL」の学部の中で産業教育学部はあまり有名でなくても、私は卒業した人はいい先生になれると思う。私は卒業した後で、他の人に「私は産業教育学部を卒業した。」と堂々と言おうと思っている。私はこの学部が大好きだからである。

ピックさんの作文を読んで、とても感動しました。
先生もみんなにKMITLと産業教育学部に誇り(ほこり)を持って勉強を頑張って下さい。
そして卒業後も同じ気持ちでいてほしいです。


次にジェーンさんからです。


 戦場にかけられた橋は、カンチャナブリーにある一つの大切な歴史の場所だ。ここには、第二次世界大戦に日本軍の連合国の占領捕虜によって建てられた。
 主にはイギリス軍やアメリカ軍、オーストラリア軍、ニュージーランド軍などだ。さらに、泰緬鉄道を造ったために、例えば、中国人やベトナム人、マレーシア人、タイ人、ミャンマー人、インド人などの数多くの労働者を雇った。その時にクワイヤイ川を通らなければならなかった。だから、この橋を造らなければならなかった。この橋を造ってから、戦争でひどい目に合う人や病気、栄養失調などの多くの困難に合ったので、戦争捕虜は1万人ほど死んでしまった。
 戦場にかける橋の年中行事は死の鉄道を造ることと戦場にかける橋の重要性を偲ぶために行っている。今、戦場にかける橋は平和の象徴になっている。

よく調べて書きましたね。
他の人もそうですが、自分のブログにアップする時には必ず 、参考にした(作文を書く前に読んだり、見たりした)資料や本の名前、
インターネットのURLを一緒に書いて下さいね

スポンサーサイト

グループ1からです。

  • 2008/07/01(火) 14:51:40

先週は授業で歴史の流れを述べる表現を勉強しました。
ので、今回はOOの歴史について、書いてもらいましたね。

はじめにクックさんの作文を紹介します。


戦勝記念塔はタイのバンコクにある記念塔です。タイ語では「アヌサワリーチャイ」と言われています。
1940年に起こったインドシナ紛争でフランス軍と戦って亡くなってしまったタイ軍の勇気を表すために、1941年にこの戦勝記念塔が建てられました。毎年、2月3日にここで亡くなってしまった人たちを礼拝しています。この塔は、パポンヨーティンとラチャティーウィが交差する所です。周囲はロータリーとなっています。パポンヨーティン通りの上には、スカイトレインとスカイブリッジがあります。ここにはバス停とワゴン車が多くあります。l
戦勝記念塔は交通が集まる場所です。この塔を知らないタイ人はもちろんいないと思います。

大学から「アヌサワリー」までのワゴン車があるので、みんなよく行きますね。
まさに、バンコクのシンボルと言える場所ですね。

次はプラーさんからです。

言語はコミュニケーションと人間の気持ちを連絡するために使うものだ。タイでは、タイ語が母国語の上に、公用語だ。そして、タイ語はもう1つのタイのシンボルと言われている。この作文はタイ語について書く。
まずタイ語の歴史についてである。タイの文字はスコータイ時代にラムカムへーン大王によってクメール文字に基づいて作られた。子音字は44ある。声調は、平声、定声、下声、高声、土声の5つがある。全部は石碑に書かれた。この石には、スコータイ時代の生活についてやラムカムへーン大王の経歴などを書いた。その後、タイ語は使われ続けている。
ここまで述べてきたように、自分の言語があることは誇りを持つべきではないのでしょうか。
そうすると、タイ人全員はタイ語を正しく使ったら、良いことだと思う。

タイ語の歴史ですね。とても勉強になりました。
そうです。タイ語の5つの発音は先生にとって、とても難しいですよ。
でもみんなが日本語を勉強している姿を見ると、
頑張ろうと思います。

二人ともとてもよく書けていました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。