スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ2からです。

  • 2008/07/18(金) 18:37:16

グループ2からの「将来の夢」を紹介します。

はじめはビアさんからです。


だれでも将来の夢がある。私も将来の夢がある。幼少時代、私は様々な夢があった。例えば、ガイドや水泳選手、外交官などだ。子どもの時には、私の夢はいつも変わっていた。しかし、今私は一番大きな夢を発見した。実現するために、少し長い時間がかかる。
 今私の将来の夢はデザイナーである。私はいつデザインが好きになったか分からない。しかし、去年私はもう一度美術を勉強した。毎日絵を描いて、美術の本を読んで、絵を描くために色々な所へ行く。最近私の命は美術だけにある。私は日本語を志した時、美術について勉強することを辞めた。その頃はとても残念だったと思う。今、私は4年生になったので、たくさんのことを考えた。とても混乱した。だから、先月私はもう一度絵を描いた。その時、私は将来の夢を発見した。実は私はデザイナーになりたい。私は来年卒業する。それから、英語を勉強するために、イギリスへ行くつもりだ。ファッションデザインの基礎を勉強し、ファッションデザインの歴史し、色々なものに関するデザインを練習すると思う。その後、私は「Central Saint Martins College of Arts」でデザインを勉強するつもりだ。「Saint Martins」はイギリスで最も有名な美術大学になった。有名なデザインナーは、ここで勉強したことがある。私にとって「Saint Martins」はすごい所だ。私はここで美術を勉強できたら、一番誇りに思う。
 今私は大きな夢がある。私は是非タイでデザイナーになりたい。
デザイン


文化祭で4年生のお寿司屋さんの前に、ビアさんの絵を飾っていました。
(写真を撮るべきでした。今度また見せて下さいね。)
富士山と桜の木がとても素敵な油絵でした。
ビアさんには、デザインの才能(さいのう)があると思います。応援していますね。

次はポーさんです。


幼少時代、日本に関する番組を見ると、私は
「すぐに日本へ行きたい。日本はきれいだし、静かだし、それにとても便利な所なので、是非ここで旅行をしなければならに。」ように感じた。今までも私の夢が同じだが、日本へ行く目的は違う。
 今、私は日本語を勉強している。しかし、まだまだだ。聞くことも話すこともあまり上手ではない。4年生なのに、恥ずかしい。そういうわけで、留学するために、日本へ行きたい。日本で日本語を勉強すると同時に、アルバイトをすると思う。
 卒業した後、すぐ日本へ行かない。仕事をし、お金を貯める。仕事をする間は勉強したい日本語学校を探す。また、日本へ行ったことがある知り合いに生活や学校などについて聞く。私は1年間仕事をする。それから、日本へ行こうと思っている。
 日本で1年間勉強したい。そんな長い時間勉強するなら、日本語がとても上手になるだろう。しかし、お金の方はきっとたくさんかかる。だから、物価が安い田舎で勉強したい。でも、私が貯めるお金だけでは足りるだろうか。両親から金を借りた方がいいと思う。そうすれば、金は足りるはずだ。
 日本で勉強することは大変なことだ。しかし、行けばいい経験ができる。夢は私が何もしなかったら、そのことは夢で終わるだけだ。しかし、一生懸命勉強したら、いくら大変なことでも、夢を実現できる。
東京


これからも日本語の勉強を続けるつもりなんですね。
日本に行ったら、はじめは大変なことも多いと思いますが、1年過ごした後に、また新たなポーさんに出会えるはずですよ。
あきらめずに、夢を叶えて(かなえて)下さいね。

引き続き、ナムワンさんの将来の夢を紹介します。


私は高校生の時、日本語に興味があったので、キングモンクット工科大学に入った。今キングモンクット工科大学の産業教育学部日本語科の4年生だ。残り1年ぐらいで大学を卒業する。大学を卒業した後、すぐ仕事をしたいと思う。 
 私が大学に入ったのは、ホテルのフロントになる目的であったのだが、今は一つの夢がある。一つの夢は自分のビジネスとして、ベーカリーが開きたい。大学を卒業した後、すぐ仕事を探す。それから仕事ができる時、ベーカリー屋を開くためにたくさん貯金する。また、5年以内に有名な学校でパンやケーキ、クッキーなどを勉強したり、シーロムやサイアム、スクンビットなどのビジネス街でベーカリーを開く所を探したりしている。27歳の時、バンコクで恋人とベーカリーを開くつもりだ。さらに、ベーカリーが開くことができたら、仕事をやめることになる。
 それぞれの人は夢と人生の目標に違いがある。しかし、それぞれの人は持っている夢を成功させるために、一生懸命するようにしている。だから、夢は大切なことだと思う。夢があったら、人生の目標がある。けれども、夢のない人生は無駄な生活を送っているかもしれないと言われている。私の将来の夢はぜひ実現させるつもりだ。
ベーカリー


すてきな夢ですね。27歳になったら、恋人と一緒に開くんですね。
具体的な将来の計画ができていますね。
かわいいベーカリーを開いて下さい。先生も行きますね。

最後にビウさんの作文からです。


 みんなはそれぞれの自分の夢があるだろう。私も将来の夢がある。子供の時、私は教師や画家、美容師になりたいと思った。しかし、今は会社のオーナーになるのが私の夢だ。
 私の将来の計画は来年大学を卒業したら、勉強した日本語を使うために、1年ぐらい日本の会社で働くつもりだ。それから、修士号を取得するために、アメリカへ留学に行く。私は経営について勉強したいと思っている。修士課程を卒業したら、経験を得るために、二年ぐらいアメリカの会社で働く。そして、自分の会社を設立するために、帰国する。
 私は旅行が好きだ。だから、旅行会社を設立したいと思っている。私の会社は外国人に対して、タイ国の旅行案内とタイ国内の団体旅行のツアーをサービスする会社だ。ホテルと航空券の予約を受け付けるサービスがある。私は観光客がタイの中で、旅行してもらいたいので、私の会社は海外旅行がないようにする。タイの文化を促進するトラベルプログラムサービス会社だ。
 いつか私は自分の会社が持つことができると思っている。私の夢が実現できるために、私は精いっぱい勉強する。私の会社が成功したら、50歳までには私は親類に会社を譲る。そして、田舎で質素な生活を送るし、果樹園を営(いと)んで生活する。一人で暮らす。結婚したくないと思っている。将来のことを考えると、幸せだ。
アメリカ


ビウさんも、とても具体的(ぐたいてき)な夢を持っていますね。
50歳までの計画を立てているのは、とてもいいですね。将来が楽しみですね。
きっと夢を叶えられるでしょう。頑張って下さいね。

みんなオリジナルで面白い作文が書けていましたよ。
読みながら、感心しました。みんなの将来がとても楽しみです。
みなさんの人生はこれからがスタートですよ。夢に向かって頑張りましょうね。

スポンサーサイト

グループ1からです。

  • 2008/07/16(水) 10:12:36

みなさんはもうすぐ大学を卒業して、社会人になります。
それぞれの夢について教えてもらいます。

まずはアムさんです。


今、私の副専攻は英語で、日本語を専門として勉強している。将来には、したいことがたくさんある。その上、私の勉強に関する仕事に就いていないかもしれないし、良い仕事に就きたいと思う。
卒業してから私は、3週間から4週間まで日本へ旅行しに行こうと思う。日本語を勉強したことをきっかけとして、本当の日本文化を見たいと思う。それから、タイに帰って働く。私にとってキャビンアテンダントになるのは、子ども頃からの夢の職業である。この職は、ほとんどの女性の職業で、ずっと日本語や英語で話さなければならないというサービスの仕事である。さらに、キャビンアテンダントにならない場合は、通訳として働くと思う。けれども、先輩によると、この職業は、独特単語を使うので、大変そうだ。
つまり、将来私にとって何でも働くならば良いだろう。実は、自分の喫茶店を開店するために、私は、仕事をしながら、お金を貯めたいと思う。なぜなら、母はコーヒーを飲むのが好きだし、私が様々なパンを作るのが好きだからだ。その理由は、私がよくそんなことをするためだ。
私は将来どうするか、分からない。けれども、今日も毎日私は自分と愛する家族のために、できるだけ勉強し、良いことだけしようと思う。

pc_1129860817.jpg


アムさんはとても家族想いなんですね。
喫茶店を経営するのは素敵ですね。
手作り(てづくり:ハンドメイド)のパンも一緒に作れたら、最高ですね。
応援しています。頑張って下さいね。

次はプラーさんです。


夢はそれぞれの人によって違うようだ。多くの人は、自分の夢があった。しかし、自分の夢を叶えた人は少ないだろう。私も夢があった。大きな夢ではなくても、いつか是非自分の力で叶えたいと思っている。
 私の将来の夢は、自分のヌードル店が作りたい。大きな店ではないが、小さくて暖かくて、一回入ってみたら、忘れられない店を作りたい。母がコックだから、母の影響で私も料理を作るのが好きになった。しかし、今まであまり上手ではない。母は、料理を作ることがとても上手なので、食べた人に嬉しいことをあげるようだと思う。なぜなら、おいしい物を食べたら、みんなは、笑顔になって、嬉しくなるのではないだろうか。他の人が自分の料理を食べた後、笑顔になった時、私も嬉しくなるだろう。このようなことが自分の店を作りたい理由だ。
 自分で店が持てるために、腕前だけでは足りず、お金も必要なものだ。そして、卒業した後、二年ほど会社で働いて、できるだけ貯金するようにしたい。それから、スペシャルメニューを考案して、道具を準備することが、3、4ヶ月くらいかかる。全部がうまくできたら、良いと思う。
 夢は大きいか、小さいかは問わず、できたら嬉しいだろう。私の夢も将来できるかどうかわからない。けれども一生の中に目的があればいいことではないだろうか。目的があれば、何でも一生懸命頑張ってするでしょう。皆さん、自分の夢を探して、力いっぱいしてみましょう。成功できるかどうか、したいことがある方が、何もしないことよりもいいと思っている。

noodle.jpg


夢に大きさは関係ないですね。
小さくても、幸せになることはできますよ。
どんなお店になるかな。クイティアオを売りますか。メニューを考えるは、今から楽しみですね。

みなさんの夢を知ることができ、とても嬉しかったです。
日本語を使う仕事、そうではない仕事など、色々な職業がありますね。
夢を叶えられるよう、頑張りましょうね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。