スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ2からです。

  • 2008/09/12(金) 18:50:47

環境問題についての作文を紹介します。

まずはネャットさんからです。


 生き物は環境と密接な関係がある。
環境が衰えたら、確かに生き物に影響を与える。
人口が増えることや適切ではない工業技術を使うこと、それに人間の様々な活動などは環境問題が起こる要因だ。

 現在の環境問題の原因は人口が増えることや科学技術の開発からの影響、日常生活での人間の価値観などである。
みんなが日々出合っている問題から、暮らしに影響を与える。
大切な環境問題は3つのポイントがある。

 一番目は、天然資源が急に減ることの問題だ。
生産物を増やすために、国にある天然資源が作られる。
天然資源をたくさん使うと、環境に影響を与えるようになる。

 二番目は、化学薬品の問題だ。
農業や工業の商品の加工のために、化学製品を使う機会も増える。
いったん化学薬品が環境に放されると、予防するのが難しい。
だから、人間と環境の関係は危険な状態にある。
 
 三番目は、生態系の問題だ。
system.gif

 天然資源を使う人間の様々な活動は生態系が釣り合いをとっていないからだ。
だから、様々な現象が起こる。
例えば、地球温暖化や乾燥、洪水などだ。

 この3つの問題は様々な小さな問題から来ている。
例えば、水質汚染や空気汚染、ごみなどだ。
最近みんなが心配する問題は地球温暖化だ。
この問題から、みんなは互いに解決しようとしている。
しかし、地球温暖化問題は無くならないだろう。
この問題は昔からの蓄積されたものなので、とにかく解決が難しく、大きな問題になった。

 みんなの日常生活は環境に頼っているので、気にしなかったら、環境が私達をずっと存在させないだろう。
だから、みんなが自分を愛するのと同じように、自然を愛した方がいい。
環境に配慮するのが必要だと思う。

序論本論結論と上手に作文の構成(structure)ができています。
地球温暖化についてはどこの国でも、どんな小さな場所でも、
人々の意識(いしき)が変わらなければ解決させることができませんね。

次はポーさんからです。


 森林は命であるという文を聞いたことがあるか。
この文は生物は森林のおかげで、生きられるという意味である。
したがって、そう思わない人がいるので、森林を破壊した。

 昔、タイには森林が多くあった。
どこでも緑が多かった。
森林の中に様々な生物がいた。
例えば、野生動物や魚、虫などだ。
森林は何もかも生き物にあげた。
例えば食べ物や飲み物、薬、住居、職業などであった。
それに、丈夫な体もあげた。
昔の人は除草剤や殺虫剤などがない食べ物を食べたし、汚れない環境があったので、長生きできた。
その上、森があったから、天災があまりひどくなかった。
例えば、木は降った雨水を吸ったので、洪水に合わなかったし、乾季の時には、川に水が多くあった。
また、天気も涼しかった。
夏でも扇風機を使う必要はなかった。

 現在、天気が暑くなるし、日光も強くなる。
それらの問題の原因は人間である。
人間は将来に関することを考えず、森林を破壊した。
だから、森林が少なくなる。
車からの二酸化炭素や工場からの様々なガスなどが出たので、空気は汚れている。
それらの問題は地球温暖化を起こした。
タイではタイの季節が二つある。

 一番目の季節は夏である。
もう一つの季節はひどい夏だ。
冬でもエアコンを使わなければならない。
特にバンコクは木が少ないので、昼に出かけたら、日光で肌が焼けるほど暑い。
 
 私は林の中で旅行したことがある。
その中には汚れのない空気があるし、涼しいし、それに元気になるようだ。
そういうわけで、木を植えよう。
一人一人が一つの木を植えたら、木が多くなる。
空気も涼しくなるだろう。
blue planet

ただでさえ、毎日暑いタイですが、
近頃はさらに暑い日が続いているようですね。
地球のシステムは、日々の暮らしが必ず自分たちに還ってくるようになっているのです。
まだタイにはたくさんの自然あります。ずっと守っていきたいですね。


スポンサーサイト

グループ1からです。

  • 2008/09/02(火) 22:03:29

まずはキャットさんからです。

現在、タイには様々な環境問題がある。
例えば、ゴミ問題や木を切る問題、エネルギー問題などである。
その中でも、最も解決しなければならない問題は、ゴミ問題である。
タイの経済制度は、農業の国から工業の国へと換えたから、工場はだんだん増えてきた。
しかし、工業のゴミの解決方法がないので、ゴミや川や郊外などに捨てられた。
 
この問題の原因は、人間が天然資源を利用していることだ。
必要がない部分はゴミになった。
天然資源を多く利用すればするほどゴミは増える。
その上に、他の原因がある。
例えば、勝手な人がいることやプラスチックを使うことなどである。
ごみ


 今、ゴミはあちこちにある。
ゴミに口があれば、
「私をゴミ箱に捨てて下さい。」
と人に言いたいだろう。
空気には菌がある。
マスクが必要ではない。
なぜなら、マスクを着けても、役に立たないかもしれない。

 このような問題について、タイ政府にはゴミをリサイクルするために、ゴミ収集車がある。
また、ゴミ箱は3種類に分けている。
黄色は可燃ゴミ、緑色は不燃ゴミ、灰色は危険ゴミである。
その上に、政府はゴミを捨てるために、場所やゴミを管理するために、係員などを調達する。
しかし、人々はゴミの減量について正しい知識があまりないことには、ゴミ問題は良くならないだろう。
 
 以上のことから、タイ人はまだゴミ問題は大切な問題になると思っていないだろう。
しかし、近い将来、タイ人にとってもちろんゴミ問題は大切な問題になるらしい。
故に、布製の袋がビニールの袋と代わっても、ゴミが少し減るに過ぎない。
しかし、人々は一緒に協力しないと、この問題が続きかねない。

タイの中でも、特にバンコクのゴミは問題ですよね。早く解決しなければ増える一方です。
ゴミ問題に真剣に取り組んでいる街こそ、より多くの観光客を惹(ひ)きつけることができるはずです。

次はプラーさんです。


現在と百年前を比べてみると、私たちの地球はずいぶん変わったそうだ。
昔は豊かな自然の原料があったが、今はそんなことではない。
様々な問題が起こっている。
例えば大気汚染や水質汚染、伝染病などだ。
けれども、私たちが多くのごみを捨てることをきっかけとしてそんなことが起こった。
この作文はゴミ問題について書く。
 
まず、最近は技術が早く進んでいくため、日常生活は自然からだけではなく、プラスチックや人工的な製品も使わなければならない。
しかし、使った後、そのゴミはどうやってなくなるか、みんなは疑問に思ったことがあるか。
自然ゴミは自分で自然に還るので心配しなくても良いが、人工的なゴミはどうだろうか。
何年くらいしうたら、自然に還れるだろうか。
私達は一日だけ使って捨てるが、そのゴミは何年も地球の中にある。
とうとう地球には、山のようにたくさんのゴミが集まるだろう。

 さらに自然に還れないゴミからは、問題が起こると言える。
例えば、川に捨てたら、水が汚くなり、もう使えなくなってしまう。
ある時、臭いにおいもする。
特にタイで川は、生活に欠かせないものだと言われている。
川が汚かったら、漁業も大変困るはずだ。
船 ごみ

それに、ゴミが集まる所は、病原菌が多くいる。
色々な伝染病の原因になるかもしれない。

 ここまで述べてきたように、ゴミは深刻な問題だ。
人工的な製品を使うのを避けられなかったら、この問題を解決するにはどうすればいいか。
ゴミを分類することをはじめ、何でも使う前に、よく考え自然のものから使うべきだ。
この問題が解決できるかどうか、みんなの協力を求めなければならないだろう。

プラーさんも、キャットさんと同じ「ゴミ」について書いてくれました。
特に川でよく見るゴミについて気になっているようですね。
確かにタイでは川と人々の生活は切り離すことができません。
タイでは、まだまだ川の水を生活用水として利用している人がたくさんいます。

近頃では、タイでもエコバックが流行ったりしていますが、
まだまだゴミ問題に関しては発展途上だと思います。
もっと画期的(かっきてき)なアイディアや行動が生まれるといいですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。