スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ1からです。

  • 2008/09/22(月) 18:53:00

「昔と今」について、みんなが面白いトピックで書いてくれたので、
最後まで読んで下さい。

まずはテェーンさんからです。


化粧品と言えば、どの女性にとっても必要なものだ。
タイでは、昔の化粧品はハーブをはじめ、自然のものから作っていた。
しかし、現在は薬品を混ぜている化粧品が流行している。
なぜ、今タイのハーブ化粧品が少なくなったのか。
昔のおしろい


まず、昔のタイの女性は服やハンカチ、枕などに良い香りをつけるため、「ナムプルン」を振りまいた。
「ナムプルン」というのは、様々な雨水から作られた、今の香水のようだ。
良い香りは能を刺激し、機嫌が良くなり、リラックスもできる。
次に昔はブロックとファンデーションのパウダーが無かった。
日差しから肌を保護するため、「ペァンカミン」を塗って、日に当たりながら働いていた。ペァンは「ダィンソーポン」というハーブ化粧品と「カミン」はウコンである。
日差しだけでなく、にきびと発疹も治療できている。
最後に、口紅について、現在は様々な色が選べるリップクリームやグロスなどがある。
一方で昔、「シーピュン」いうのは、蝋とココナッツ・ミルクを混ぜることから口紅に潤いを出していた。
その上、口紅が彩るために、朱色も使っていた。
 
このような化粧品について、祖先は自然のものから化粧品を発明していた。
自然のものから安く、安全ながら、便利でなく、持ちにくい、それに長持ちもできないからであろう。
そういう訳で技術が発展すると、昔の人が使っていたナンプルンに代わり、外国の香水になった。
シープュンの色が少ししかない、数十種類のきれいなリップになっている。
昔、流行の技術がなくても、自然からきれいになった人々は素晴らしいと思う。
よく考えてみると、今の化粧品はかなり高く、アルコールと保存料の物質も入っているかもしれない。
自然から化粧品を作った方が良いと思う。

良い点に気がついていますね。
今はとてもきれいになれるけれども、やはりそれにはデメリットがあるわけです。
何かを買う時や使う時には、その点をよく考えて上手に選ぶべきですね。

次はキャットさんからです。



現在、タイには、色々な商店がある。
例えば、コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート)やスーパーマーケット(トップススーパーマーケット・ロータス・エキスプレス)、乾物屋などである。
しかし、今、乾物屋の商店は少ししかない。
なぜ、乾物屋はだんだん無くなったのだろうか。

一番目、コンビニとスーパーマーケットは乾物屋よりとても便利である。
例えば、現金に代わる色々なカードが使え、ものは全部トレードマークがある。
今、セブンイレブンは「Smart Pass」カードがある。
そしてスーパーマーケットはクレジット・カードが使える。
特にクレジットカードはとても便利である。物を買う、食事で使う、映画のチケットを買うなどに使える。
だから、デパートへ行くとき、お金がなくても、そのカードがあったら、何でも払える。
しかし、乾物屋は現金だけしか払えない。

二番目に、質である。
コンビニとスーパーマーケットは乾物屋より新しい物を売っているし、店内が清潔である。
なぜなら、コンビニとスーパーマーケットには多くの人が行くので、いつも物を買わせ、新しいものを入れ替える。
しかし乾物屋に行く人は少ないから、買われない。
長い間買わないと時々その物は賞味期限が切れてしまうかもしれない。

そういう訳で、乾物屋はだんだん無くなる。
大体の人は乾物屋よりコンビニとスーパーマーケットに行くのが好き。
または、ある乾物屋はコンビニに代わる。
そして、そんなコンビニは外国のブランドだから、結果はたくさんのお金が外国に流れ出す。
これは残念だ。
kannbutuya.jpg


世の中は、便利さと清潔さだけが一番良いのように変わっていくようですね。
その一方で、一部の古いものはそのままに、なんとかタイの観光に生かせないものかなといつも思います。
古いものを守っていくにはどうしたらいいのでしょうね。






スポンサーサイト

グループ2からです。

  • 2008/09/12(金) 19:07:28

「昔と今」について、どんなトピックでも構いませんということで皆さんに書いてもらいました。

まずはエアーさんからです。


昔と今のことには様々な大きな差がある。
あたかも国が進んでいるかのようである。
特にコミュニケーションに関してだ。
昔、大抵の人は、他の人と手紙でコミュニケーションをした。
でも、今あまり手紙を送ることがない。
この作文では「なぜ今のタイ人は手紙を書かなくなったのか。」について書く。
letter.jpg


今、工業技術は皆の生活に影響を与える。
だから、相手に手紙を書かなくなった。
一番目に技術が進むことである。
例えば、携帯電話は学生でも買うことができる。
またパソコンは学生の時から使うことができる。

二番目にパソコンの字はきれいなので、読みやすく、誰が書いても同じ字になるということだ。
書き間違えをしたら、書き直さなければならない。
汚くなる。

三番目は携帯電話とパソコンを使うことにより、より便利な生活をつくろうとすることだ。
メールを送るとき、お金がかからず無料で使える。
またすぐに届けられる。しかし、手紙を書いたら大変である。
また手紙を書く時は時間もかかる。
簡単なものが好きなのだ。
これからも工業技術は進むだろう。

 最後に、私は昔と今に違いがあると思う。
タイと外国でのコミュニケーションは大切である。
パソコンと携帯電話は最近広く普及している。
皆に連絡するときでも、便利だし、早い。
このように工業技術が進むことによって、タイ人もあまり手紙を書かずに、パソコンを使うようになったのだ。


確かにこれほど情報化社会になると書く機会は少なくなりますね。
だからこそ、たまに手書きの(hand-writing)手紙をもらうと嬉しいですよね。
みなさんも作文はいつも手書きですが、いつもそれぞれの個性が出ていますよ。


次はピックさんからです。


 タイでは大学生はみんな制服を着なければならない。
gakusei.jpg

女学生の制服は白いシャツに黒くて長いスカートだ。
最近、女学生はこのような制服を着ている。
しかし、少し違う制服も着る。
この作文では「大学生はなぜセクシーな制服を着るか」について理由を書く。

 現在、大学生はまだ制服を着る。
しかし、今の制服は昔の制服と同じではない。
昔、大学生は大きいシャツと長いスカートを着た。
かえって、今の制服は小さいシャツと短いスカートだ。
大学生は良くない制服だと分かっていても、このような制服を着るのが好きだ。
大学生がセクシーな制服を着る理由は第一に、メディアの影響だ。
日本のファッションはタイの学生に人気がある。
特に日本の制服だ。
日本のドラマを見るし、日本のファッションについて雑誌を読む学生は、日本の学生のようになるために、短いスカートをはく。
第二に、スタイルを気にするという理由だ。
ある学生は大きいシャツを着たら、太った人みたいなので、もっと小さいシャツを着た方がいいと思う。
だから、小さい制服は女学生に人気がある。
最後に、周りの学生が同じようなスタイルをするからという理由だ。
若者は大体周りの人のスタイルをまねる。
友人とか、他の学生がセクシーな制服を着たら、セクシーな制服を着る学生はだんだん増える。
 
 セクシーな制服を着ることはもっときれになると思えても、学生として、このような制服は良くない。
今の制服が昔と同じなら、きれいな足が見えないが、危険ではなくなるだろう。

制服の着方や、小さな小物、靴などは
学生にとってこだわりたい点だというのはよく理解できます。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。