スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2グループの作文から。

  • 2008/06/19(木) 00:42:00

2グループは「大学のトップニュース」について書いてくれました。
まずは、ビウさんの作文からです。


 この作文は大学のトップニュースについて書く。「KMITL」のニュースの中で最もトップニュースであるラカバーン・フェスティバルについて書きたいと思う。
 今回初めてラカバーン・フェスティバルを行った。大学の催しでこの展覧会が開かれた。ラカバーン・フェアは6月5日から9日まで運動場で行われた。初めの3日間は雨だった。しかし入場者は多かった。
 展覧会の中にたくさんの特産品が陳列された。それだけでなく、有名な歌手のコンサートや歌を歌うコンサート、生徒と学生のカルチャー・ショー、工場の商品、手工芸、民芸品、農産物がたくさん展示された。その上、国王陛下の展覧会があった。
 ラカバーン・フェアは知識を伝える展覧会だ。先生もぜひ今度の展覧会に見にきて下さい。

新学期が始まった頃に行われたラカバーン・フェスティバルについてですね。
いつも大学は8時頃になると、誰もいないし、真っ暗なのですが、
フェスティバルの間はずいぶん、にぎやかでしたね。みなさんは行きましたか。
飾りもとてもきれいでした。(写真を撮っておけば良かったですね。)
来年もまたありますかね。
あったら、ぜひ行きたいと思います。今から楽しみです。


次はキレイオームさんからです。
 
 みんなの大学では、何のニュースがあるだろうか。それらはどんなニュースだろうか。私の大学では様々なニュースがあり、今回、映画スターになったある学生について書く。
 ある学生が「ハカゥア」という映画に出演女優として出た。その学生の名前はテンと言った。現在、科学部の3年生で、2008年の「Tea・Tree」というコンテストで優勝して、入学した時、新入生のコンテストで2番目の商品をもらった「ハカゥア」という映画が出たことについてはテンさんの一番の映画で、映画で彼女が男みたいな女(レズ)で、男友達がいて、2人とも友人のような友情に変わってしまったのだ。
 最後は二人ともどうなるのだろうか。みんな、見に行ってみよう。この映画は映画館に入るのは今日19日だ。私も見に行くつもりだ。

それは同じ大学に通う仲間を応援するためにも、
見に行かなくてはいけませんね。
ストーリーも面白そうですね。
KMITLを卒業後に歌手や女優(じょゆう)になった人が結構(けっこう)いるようですね。

みなさん、3回目の作文にして、とても上手になってきたことがよくわかります。
とても驚いたと同時に、とても嬉しいです。

スポンサーサイト

グループ1の作文から。

  • 2008/06/17(火) 13:48:59

グループ1からの「最近のトップニュースについて」の作文です。
まずはソムさんの作文からです。


 最近みんなに人気があることは、「Euro Cup2008」のサッカーの試合です。それは現在、タイでもサッカーの試合が行われているからです。
 最新の試合は6月14日にラッチャマンカラのスタジアムに「2010年のワールドカップ アジア3次予選」というマッチが行われました。このマッチではタイと日本のチームが試合をしたので、入場者、一万人以上は日本人でした。タイのチームを応援するためにタイに来ました。スコアについては、日本のチームが3対0で勝ちました。前半は日本のチームが2点リードして、試合を終わる前にもう一度ゴールにシュートしました。
 最後には日本チームを応援する人たちが喜んで、踊ったり、叫んだりしました。

先生もサッカーの日タイの試合では、多くの日本人が駆けつけたと聞きました。
KMITLからスタジアムまでは、タクシーで30分くらいですね。
180px-Rajamangala_Stadium.jpg

250px-RajamangalaStadium.jpg

バンコクではスポーツの国際試合が頻繁あるので、先生も是非観(み)に行きたいと思っています。

次はプロイさんの作文です。


 最近はUEFA欧州選手権2008(ユーロ2008)が行われているので、ある人は毎晩サッカーを見て、毎朝サッカーの結果について話す。その一方で、ある人は試合の結果に賭ける。
 新聞によると、タイ人は、特に青少年がサッカーの試合の結果に賭けたそうだ。7歳の子どもでも50バーツを賭けることができたらしい。子どもが18歳までに50バーツから5千バーツまで賭け、24歳までの青年は15万バーツ賭けた。その大会では、2008年6月7日から6月29日まで行われ、合計31試合が行われる予定である。賭け事に使われた子どものお金は11億もかかっている。
 その大会がテレビで、タイ中に放送されることはいいことだと思う。しかし、タイ人の青少年が試合を見て賭け事をするよりは、サッカーの試合から自分のために何かすべきである。

プロイさんの作文も「ユーロ2008」についてでしたが、
サッカーの試合による青少年の社会問題について書いています。
タイでは青少年の賭け事が深刻(しんこく)な問題ですね。
今後少しでも法的(ほうてき)な取締り(とりしまり)を厳しく(きびしく)しなければならないですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。