スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ1からです。

  • 2008/08/29(金) 15:00:00

タイの学生が尊敬している人はどんな人でしょう。

まずはマムさんからです。


子どもの頃から今まで、私にとって偉い人がたくさんいる。
先生とか先輩とか、ある大人である。
しかし、私の心の中にずっといる人は父だ。
 
 父は私の生きがいのいい見本になる。
彼はいい家の頭領だ。
家では牛の農場があるので、父は毎日牛に草をあげながら飼っている。
その農場では牛を65頭飼っている。
とても大変だと思う。
でも父は面白いので毎日すると、幸せだと言った。
私は父に
「仕事大変?」
「暑いのに、大丈夫?」
という質問を聞いたことがある。
いつも答えは
「あなたの子供じゃないんだから、心配しなくてもいいよ。」
と言っていた。
毎回、私は涙を流していた。
そのことを言っても、父は働き続けた。
畜産


 父は面白いし、陽気だし、だから友人も多い。
それだけでなく、父は私に我慢を教えてくれた。
実は高校の時からずっと寮に泊まっていた。
時々は寂しい感じがするが、両親に電話をかけない。
どうしてだと思う。
父は
「大切なことがなかったら、電話をかけてはいけない。」
と言ったことがある。
寂しくても、我慢しなければならない。
今はもう慣れた。
一人で泊まるのは大丈夫。
だから、私の性格は父に似ていると考える。
父はまじめな人なので、休日があない。
彼はお年寄りになったら、私は心配すると思う。
だから、卒業した後、家へ帰りたいけど、帰ってはいけないと命令された。
仕事をしなさいと言われた。

 父はいい見本なので、ずっと私の尊敬する人だと言える。
それぞれの人の尊敬する人は違うが、皆さんが尊敬する人のとおりにしたらいいだろうと思う。

とても我慢強い(がまんづよい)お父さんなんですね。
マムさんはお父さんの子どもで幸せですよね。
同時に、自分の身近にいる人を尊敬できることもとても幸せだと思います。

次はクックさんからです。


 私の尊敬する人はレーナ・マリア・クリングヴァルだ。
彼女は体に障害がある歌手だ。
彼女はスウェーデンの中南部の村に生まれた。
誕生日は1968年9月28日だ。
家族は両親と弟がいる。
父親は警官だ。
母親は看護婦だ。

 彼女は出生時から両腕がなく、右脚が半分の長さしかない。
両親は自分たちの手で普通の子と同じように育てた。
3歳の時から水泳教室に通い始めた。
水泳歴のハイライトは1988年にソウルオリンピックへの出場であった。
彼女は、泳ぐことばかりか歌うことも上手だ。
1987年に名門ストックホルム音楽大学に入学した。
彼女の声はとても美しいから、大学を卒業後、ゴスペル・シンガーとして本格的に活動を始め、様々な国でコンサートを行った。
1997年3月には、長野冬季パラリンピック開会式で歌った。
彼女は多くのアルバムができた。
例えば、「イン・ユア・ディライト」や「アメージング・グレイス」などだ。
その他に、彼女も自分の生活について本を作った。
この本の名前は「Foot・Notes」だ。
rena.jpg


 彼女は体に障害があるのに、普通の人と同じ生活ができ、成功したのだから、大したものだと思う。
私たちは、生まれる所を選べないが、何をするのか選べる。
できるだけしたいことをするように努力するべきだ。
したがって、私はレーナ・マリアの伝記を読み、すごく尊敬している。

自分に負けずに頑張り続けることができるのは、とてもすばらしいですね。
尊敬する人に習って、努力していきたいですね。



スポンサーサイト

グループ1からです。

  • 2008/08/29(金) 14:55:55

では、グループ1からの「日本語科を専攻した理由」について紹介します。
最初はテェーンさんからです。


高校生の時には、歴史や地理、政治、統治について興味があり、タイだけでなく、世界史にも興味があった。
特に、先生が様々な歴史と国々の政治を語った話を聞くのが好きだっった。その時代に遊びに行くような感じがして、面白かった。
したがって、大学生になったら、政治学部を選ぶつもりだった。
 
私が高校生の時には、入学試験を受けることが大事だから、最もストレスのある期間だったと思う。
タイの教育制度によって、全国にどの大学でも自分の習いたい学部が4学部選べるようになった。
タマサート大学はタイの大学ランクの上位5位に入っており、法律と政治について有名だとよく知られている。
故に、是非そこで勉強したいと思った。
試験の時、大勢の学生が受けたが、試験は難しく、私も受からなかった。
合格しなかった事はめずらしい事ではないと思う。
入学試験を受けているとき、母が
「卒業した後、何になりたいか。」
と聞いた。
私は全然質問に答えられない。
母は話続け、
「女の町長になりたいが、私達は普通な人だから、上流階級になる力がない。」
と言った。
母が話した後に何回も考えて、自分にあった新しい道の方で良いと思うことを探した。
家族を手伝いたいために、お金を貯めるなどのために、私は日本語を勉強することになった。その時、将来の職業は何をするのかわからなかった。
父が働いている会社に通訳の仕事として入れば、給料も良く、それに上手になれば、日本に行くこともできるかもしれない。兄も賛成だった。
 
そして、私はラカバンで日本語科専攻を選んで、勉強することになった。
兄と一緒に住んでいる。
田舎へ帰る度に、父に日常会話の必要な日本語を教えてあげたりしている。
私は幸せで、誇りに思う感じがして、日本語を勉強することはきっと間違っていなかったと思う。
否ア


日本語科を専攻したきっかけは実は(本当には)、それほど大切ではないのだと思いますよ。
専攻した後に、どのように頑張れるか、がもっと重要なことですから、
きっとテェーンさんが頑張っているから、そう思えるようになったんでしょうね。

では、次にウィットさんからの作文を紹介します。


 多くの人は自分のしたくない事をしようと決めたことがあるかもしれない。
ある人はそのことをし続けるのを選んだ。
しかし、ある人は自分のしたいことをするために、変わるのを選んだ。
私は後者の変わるのを選んだ人である。
 
 初めの大学入試の時、私の周りの人は
「どうして工学部で勉強することに決めたか。」
 と聞いた。
自分に聞いてみると、答えが分からなかった。
その時、工学部で勉強したくないと分かったのに、タマサート大学の工学部で勉強した。
初めの学期が終わると、もう一度大学入試をしてみるために、勉強し続けないことに決めた。
やっと言葉について勉強したいか分かった。

 勉強したい言葉がたくさんあるので、何の言葉を勉強した方が良いのかと考えた。
姉は
「高校生の時、あなたは日本語を勉強したかったではないか、なぜ日本語科で勉強しないのか」
と聞くと、高校生の時、日本語を勉強したかった気持ちが蘇った。
だから日本語科で勉強することに決めた。
将来

 
 実は日本語を勉強したいことは一つの忘れてしまった夢のようだった。
しかし、姉のおかげで、私は夢のとおりにできた。 
卒業してから、何をしたいかまだ分からなかったが、確かに日本語を勉強し続けようと思っている。
みなさんは今したことができているか。
みんなは忘れてしまった夢があるか。
自分の夢のとおりにすることは良いことではないだろうか。

人生に正しい答えはないですね。
ただ思うとおりに進めばいいんです。
そこで、もし自分でまた違うと思えば、少し道を変えればいい。
ただそれだけなのです。大丈夫。みんなはきっと頑張れます。


グループ2からです。

  • 2008/08/29(金) 14:53:42

ずっとアップしてきた作文のブログですが、
提出作文も残り少なくなってきました。
今回はみなさんの尊敬する人についてです。

それでは、ポム(36番)さんからの作文を紹介します。


現在、タイでは食べ物についてのビジネスが急速に進歩しているので、私はこのビジネスに興味がある。
この作文は私の尊敬するビジネスマンを紹介したい。
OISHIグループの会長のタン・パートゴーンナティーである。

 タンさんは1959年4月4日に生まれた。
今49歳である。
彼のお父さんは会計士をしていたが、お母さんは学歴がないのでお菓子を売っていた。
彼はチョンブリー県で公立小学校を卒業した後、パジョンという寄宿舎付きの中学校に進学した。
家が貧乏だったので、卒業した後、お父さんと一緒にバンコクへ移ったから進学できなかった。
お父さんの手伝いで、彼はラシラシャターニー・メートーの社員になった。
この会社は様々な国からの輸入品を売る会社である。
給料は700バーツだけだった。
彼が一生懸命働くことによって、4年後、1万8000バーツの給料で部長になった。
しかし、自分のビジネスをしたかったので、本屋を造るために仕事を辞めることを決めた。
それから、ハンバーガー屋やパン屋、美容院などという様々なビジネスに投資した。
OISHI.jpg


 1999年、タイでは強い経済の問題が起こったから、借金が多かった。
しかし、彼はその問題が解決できた。
それだけでなく、食べ物と飲み物についてのOISHIグループ会社をつくり、様々な店をつくっている。
OISHIレストランやOISHIお茶、In&Outパン屋という有名なものである。
さらに、彼はビジネスを持つばかりか、財団にお金を提供している。
れす

 
 彼は中学しか卒業しなかったが、一生懸命働いたので、企業家として成功した。
彼の真面目さには、本当に尊敬するものがあると思う。
私もタンさんのようになりたいので、頑張っている。

あのOISHIグループ会社の成功の裏(うら)には、
そんな苦労(くろう)話があったんですね。
ひたむきに(一生懸命)頑張ることってできそうで、できないんですよね。
みんなは大学まで進学できて、とても恵(めぐ)まれていますよ。
その分(ぶん)頑張りましょう。

次はナムワンさんからです。

 私の尊敬する人、コーフィー・アナンは7番目の国連事務総長である。
彼は、1938年4月8日に生まれた。
ガーナ人である。
ニンシィーと結婚した。ニンシィーはスウェーデン人である。
子どもが4人いる。


 彼は、技術と科学を勉強した後、アメリカのマーカーレスター大学に進学した。
その後、スイスのシェーニワー大学の経済学とアメリカのマサチューセッチュ大学の経営学部を卒業した。
また彼は様々な言語が話すことができる。
例えば、英語やフランス語、アメリカの方言などである。
そして、彼は1962年初めて国連で働いた。世界保健機関の予算を立てた人である。
それから、様々な義務を果たした。
例えば1990年イラクの軍隊はクウェートを侵入した後、彼をイラクの政府と交渉する大使として任命した。

彼は1993年に平和活動をした。
それから1997年1月1日に国連事務総長に任命された。
国連事務総長になった後も、様々な国の人を助けた。
例えば、貧しい人々に対する寛容の心を持つように、人々の心を動かした。
特に不平や醜さ、苦しみなどである。
彼は2001年ノーベル賞を受賞した。
6番目のノーベル平和賞を受賞した黒人である。
阿南


 彼は、世界中で平和活動をしている素晴らしい人である。
彼が世界中のみんなのために献身するのは、実に尊敬するものがある。
世界中の人が、彼のように世界の人のために、献身すれば、もっと世界は平和な生活になると思う。

ビウさんの考えの通りですね。
アナン事務総長までいかなくとも、一人一人が平和な社会を築くためにできることは
きっとみんなの側(そば)にあります。
彼は世界の人々に勇気(ゆうき)と希望を与えてくれていますね。

グループ2からです。

  • 2008/08/29(金) 13:22:46

今回はタイの学生が関心のある、タイの社会問題について紹介します。

最初にギャグさんの作文からです。


 現在、タイには様々な社会問題ある。
例えば、麻薬問題や売春問題、乞食問題などだ。
その中でも最も解決しなければならない問題は乞食問題だと思う。

 乞食問題は様々な途上国にある。
例えば、インドやベトナム、バングラディッシュ、カンボジアなどだ。
タイはその国の一つにすぎない。
この問題の原因は乞食になることが簡単で、たくさんをお金をもらったことだ。
それに能力が必要ではない。
他にタイ人が布教をあげるので、乞食は急に増える。

タイでは乞食のビジネスが起こった。
そして、乞食のギャングは乞食をするために、子供、老人、体の不自由な人を探す。
手に入れたお金を集め、みんなに分けた。
それにボスに2000バーツを払わなければならない。
カンボジア人も密入国している。
この人たちは家族全員で来た。

 全体の乞食の所得は合計で1ヶ月1200万バーツだった。
2004年に1000人の乞食ギャングを逮捕した。
それから、2005年に乞食は政府に監督された。
この法律は体の不自由な乞食なら、治療をしながら職業訓練をしてもらい、乞食のギャングのボスは3年以下の懲役であるとか、何万バーツ以下の罰金を課せられる。
それに、乞食のギャングから全部没収し、お金は国のものになった。

#3586;#3629;

 私は布教をあげるのはいい事だと思う。
しかし、多分ヤクザを奨励することになるだろう。
少し気にかかる事があった。法律がでた。
なぜ乞食のギャングが無くなるか。
もっと真面目に検討しないことには、乞食問題が無くならない。

今でもタイでは大きな社会問題ですが、なかなか解決できないようですね。
特に観光客にとっては、ついお金をあげてしまいがちですが、
今タイ政府としては厳しく取り締まっているので、理解してもらいたいですね。

次はソムさんからです。


 現在、タイには様々な社会問題がある。
例えば、エイズ、麻薬、汚職などである。
その中でも最も解決しなければならない問題はエイズ問題だと思う。

 エイズの起源はアフリカ大陸から来た。
それから、アメリカ大陸に渡った。
タイは1984年にエイズが発見された。
初めはホモセクシュアルの人であった。
エイズ率は急に増えている。
100万人のタイ人がエイズになっている。

 エイズの原因は、二種類ある。
一番はセックスでエイズになる。
例えば、誰とでもセックスすることや同性愛などである。
大切なことはコンドームを使わないでセックスをしないことである。
二番目は血液から移ることでエイズになる。
例えば、同じ注射針を使うこと、親が妊娠した時、エイズなら、子どももエイズになる。
今、この問題はエイズに冒される人々が変化してきている。
昔、エイズに冒される人々は多数の人とセックスしたり、同じ注射針を使うひとであった。
しかし、今、エイズに冒される人々は若者である。
皆さんはエイズ感染者を怖がるので、エイズ感染者は嫌がる。
しかし、正しい知識を得ればエイズ感染者と住むことができる。
タイは1985年に万国エイズ計画に参加している。
そういうわけで毎年12月1日をエイズの日に決めている。
それに、タイと日本はエイズを防ぐワクチンを研究するために、協力する。

 私はエイズを防ぐキャンペーンがあっても、エイズ問題が減らないだろうと考える。
エイズを防ぐキャンペーンは実行する人もいれば、一方で無視する人もいるからである。
私は皆さんが自分と恋人に正直であれば、この問題は起こらないだとうと考える。
red ribbom

日本でもエイズ感染者が毎年増えているそうです。
しかし、タイの若者の方が深い知識を持っているように感じます。
タイの政策に学ぶべき点がいくつもあると思います。
この問題に対しては日本、タイの若者にもっと関心を持って欲しいですね。






グループ2からです。

  • 2008/08/24(日) 19:03:08

今回の作文は、日本語の専攻理由です。
どうしてタイの学生が日本語科を専攻したのかということについて
詳しく見ていきたいと思います。

最初はピックさんからです。


今、私は「KMITL」の日本語科の学生だ。
それぞれの人は日本語を勉強する理由がある。
ある人は日本の歌が歌えるようになりたいとか、日本の漫画が読めるようになりたいとかという理由だ。
この作文では、私の日本語を勉強する理由について書く。

 初めて日本語を勉強したのは小学校の5年生の時だ。
私の先生は姉だ。
姉は日本語クラブのメンバーになったので、日本の歌が歌える。
だから、私に日本の歌を教えてくれた。
それから、私は日本語がだんだん好きになっていた。
小学校の6年生の時、タイでは「Asian Game」という大会が開かれた。
その時、日本の選手もこの大会に参加した。
ある日、私はニュースを見た時、私はこの選手が好きになった。
彼は日本の水泳選手だ。
この選手にインタビューした司会者は日本語が話せた。
アナウンサー

私は司会者がうらやましくなった。
だから、私は日本語を勉強したいと思った。
中学生になると、私は日本語のクラブに参加した。
日本語を勉強するのはおもしろかった。
しかし、日本語を教える先生がいなかったので、このクラブは休業してしまった。
その後、日本語クラブは活動しなかった。
だから、私は1年しか日本語を勉強しなかった。
高校生の時、私は勉強し日本語を忘れてしまった。
その時、私は看護婦になりたかった。
しかし、私は看護婦になれなかった。血が怖いからだ。
そして、もう一度考え、ついに日本語を勉強したいのが分かった。

 今、4年ほど日本語を勉強している。
難しくても、楽しい。
来年、私は卒業しても、日本語の勉強を続けても勉強を続けようと思っている。

ピックさんは、小学校から考えていたんですね。
TVでの選手について、日本語クラブについてのエピソードを書いているので、
とてもわかりやすいです。
初めて教わった(おそわった)先生がお姉さんだなんて、とても思い出深い話ですね。

次はビウさんからです。


高校生の時、私はフランス語を勉強した。
私はフランス語をかなりうまく話せたが、好きではなかった。
大学に入る前に私は外国語を勉強したいと思った。

「なぜKMTILで日本語を専攻したのか?」と聞いたら、私は様々な理由がある。
一番の理由は両親からだ。
私の両親は日本に行ったことがあるので、日本は非常に発展している国である。
そして両親は私に日本語を勉強して欲しいと言った。
 次の理由として、他の言語に比べて、日本語を勉強する人が少ししかいなくて、就職しやすいので、私は日本語の勉強を選んだ。
三年前、日本語を勉強し始めた時、私は日本語を勉強したことがないので、日本語について全然分からなかった。
1年生の時は、日本語を勉強する気にならなかった。
少しも好きで勉強したわけではなかったので、勉強することについて両親と相談した。
両親と私の間では意見の相違があった。
私は英語を勉強したいが、私の両親は私が日本語を勉強できると確信した。
私は自分の考えを反省した。
これから、私は一生懸命勉強したら、いつか日本語を話せるようになると思った。

nihonngo global


 3年前に比べて、今まで私は一層勉強するようになった。
結局、私は日本語が勉強ように、決して努力は捨てない。
だれにでも欠点がある。
自分の欠点を直す方がいいと思う。

4年間の間にいろいろと悩むことがあったようですね。
今はとても日本語が上手になりました。
4年生はみんな努力しています。
卒業までもう少しです。がんばりましょうね。



グループ2からです。

  • 2008/08/24(日) 18:37:14

みんなの生きがいは何でしょうか。
家族、趣味、恋愛、仕事、勉強、その他もたくさんありますが、
今日はタイの学生にとって、どんなものが「生きがい」なのかということを
テーマに紹介していきます。

最初はオームさんからです。


人間は生きるために、食品、住居、衣類、薬という4つのものが必要であると言われている。
しかし、私にとって、もう一つのものがある。
このものが無ければ、私はただ体が動けるものだけになるだろうと思う。
私が述べているものは、夢という生きがいである。

 私の夢は、家族のみんなと好きな人の幸せのために、何かをすることである。
家族のみんなは世界中で私の最も大切なものである。
そういう訳で、私は勉強を頑張り、卒業と同時に仕事をし、貯金するつもりである。
いつか彼らの生活を良くするためだ。
そして一歩一歩前へ歩き続けるわけである。
したがって、自分が何かできることがあったら、全てしてあげたいと思う。
ということは、私の一つの夢である。
私の人生はまだ多くのやりたいことがある。
これらも私の夢になった。
例えば、日本へ留学することである。
今はまだ、お金がなくても、仕事をしながら貯金し、行くというプランがある。
また先生になることや歌を歌うことに成功すること、小説を書くことに成功することも私の夢である。
これらの夢のおかげで、私は希望を持って生きていると言える。
夢を追うため、全力で飛び出せば、いつか必ず夢が叶うと信じている。
ということで私は明日が来るのを毎日楽しみにしている。
この生きがいで少しも怖くはないと歩いていくのである。
largefamily.jpg


 前にも述べたように、私は自分の価値が分かる。
だれかのために何かをしたいと思うのは、私を幸せに生きらせるものである。
そして自分の夢を叶えるため、一生懸命頑張ることによって、私の生活が楽しくなる。

何かエピソードを書くと、もっと分かりやすいです。
次から気をつけて下さいね。
前向きな(ポジティブな)言葉をたくさん使っているので、
読んでいる人も元気になれそうです。
夢と家族のために頑張ってね。

次はポム(34)さんです。


 生きがいは生きることに値するだけの価値、生きていることの喜びや幸福感という意味である。
私には将来KAT-TUNに近づくために、何かするのを生きがいにしている。
 
私はKAT-TUNが大好きだ。生涯にもう一度、またはいつもKAT-TUNに会えたら、とても幸せになる。
だからこれまで日本語を勉強している。
とても難しくても頑張らなければならない、日本にKAT-TUNに会いに行くためである。
他の人はこういう生きがいは無駄だと思うかもしれない。
しかし私は真に受けている。
4年前にKAT-TUNがタイへ来た時、私は亀梨さんに手製のプレゼントをあげた後で「ありがとう」と言われた。
涙が出るほど嬉しかった。
そして今年の8月10日にジャニーズのユヤさんがタイへ来た時、私は空港で出迎えた。
その時、勉強や将来についてのストレスがあり、ユヤさんのきれいな微笑みをもらうと、いい気持ちと心の温かさを感じた。
現在、卒業したらアメリカか日本のどちらかに留学しようと迷っている。
本当はアメリカの方に行きたいが、KAT-TUNの6人に会いたいから、日本も行きたい。
他の勉強と家族と友人のことよりも、私はKAT-TUNのことについてだけ考える。
私の幸福はKAT-TUNからである。
 
 私の生きがいはKAT-TUNである。KAT-TUNのニュースや、シングル、色々なものをサポートすること、KAT-TUNの成功を見ることは喜びになる。
そして生きたいと思わせる。
日本語を勉強する気力になる。
だから現在の生きがいはKAT-TUNである。
KAT-TUN.jpg


さすが、ポムさんです。
(ちなみに彼女のペンケースは手製のKAT-TUNのものです。)
亀梨さんに会ったという話は聞いていなかったですね。
これからもKAT-TUNを生きがいにして、日本語もがんばりましょうね。

グループ2からです。

  • 2008/08/22(金) 13:26:25

グループ2も学生の生活に欠かせないものをテーマについて、アンケートを実施(じっし)しました。

まずは、ノートさんからです。


化粧品という意味は口紅など様々なもので、顔などが美しく見えるようにすることである。化粧品の分類は薬品化粧品と一般化粧品である。
薬品化粧品は薬が入っている物という意味である。
例えば、クリームや毛染め薬などである。
一般化粧品はきれいになるためにものという意味である。
例えば、マスカラやアイシャドウなどである。
化粧品は女性にとって必要なものだと言われる。
したがって、化粧品についてのアンケートを行う。
この作文では50人から化粧品のアンケートを行った結果である。
kesyo.jpg
 
このアンケートは6つの質問がある。
一つ目は「あなたは化粧品を使うか」という質問に対し、86%の人が使う。
日数は大体4日から7日まで使う。
二つ目に、「あなたの化粧品を使う目的は何か」というのは、きれいになりたいが一番多く、第二に顔の欠点を隠せる。三番目は魅力のためである。
三つ目の質問は、「今あなたの使っている化粧品は何か」という質問には、ファンデーションである。
二番目に口紅、三番目にチーク。
しかし、パーセンテージの数は少し違う。
四つ目は、「化粧品を選ぶ時、何で決めるか」というのは、79%もの人が品質で選ぶ。
五つ目の質問は「いつもどこで化粧品を買うか」という質問に90%ぐらいもデパートで化粧品を買った。
しかし、市場とスーパーで化粧品を買わない。
最後に「化粧品をしない理由は何か」。
アレルギーを起こすかもしれないから必要ではないもの。」である。
  
このアンケートの結果は大体の人が自分がただ好きな化粧品を使う。
私はそう思う。そうすれば、様々な問題が起こるかもしれない。
化粧品を買う前に製品、値段、使い方、成分を調べて欲しい。

4年生のみんなが気になる質問だったようですね。
ここには書いてませんでしたが、プレゼンテーションでは化粧品の歴史についても紹介してくれました。
メソポタミア文明から化粧品は使われるようになったそうです。
そんなに前から女性の必要なアイテムだったとは、驚きですね。

次はポーさんからです。


 現在ファーストフードは若者に人気がある。
KMITLの学生にもそうである。
アンケートを見ると、50人中みんなが食べたことがある。
 
「どのくらいファーストフードを食べていますか。」という問いに、「1週間に2,3回」と「1ヶ月に1回」というのが一番多い回答だった。
この二つを答えた学生は同じ割合で、25%であった。
 次の問いは誰と食べるか。
友人と食べる学生の数は40%であった。
家族と食べるのは20%であった。
また、だれかと食べに行くという学生は85%であった。
三番目のはどこの店で食べているか。
一番よく食べている店はケンタッキーで28%であった。
そしてThe Pizza Companyは23%であった。
 4番目のは1回の食事でいくら払うかという問いであった。
「101バーツから200バーツまで」という回答が半分以上を占めた。
 
 ファーストフードは人々に人気があっても、悪い点もある。
「太る」という意見が言った学生は33%であった。
「様々な病気をもたらす」という意見は26%であった。
学生は悪い点がわかっても、ファーストフードを食べる。
食べる理由は、「便利」と「早い」が一番多い。
この二つの理由を出した学生は同じ25%であった。
 
 KMITLの学生はケンタッキーで食べるのが最も好きである。
85%の学生は一人で食べに行くのが好きではない。
ファーストフードは悪い点がある。
しかし、早いや便利などの理由で食べる。
こういうわけで、学生は時間があまりない。
ファースト

また、まだ学生であるかもしれないので、一回の食事で110バーツから200バーツまでを払うと考えられる。

タイでもファーストフードが流行っていますね。
KFCが一番有名なんですね。
平均で1週間に1回行くということは驚きました。
それほど身近(みじか)なものなのですね。
日本では最近、反対の意味である、スローフードという言葉が流行っています。
是非興味がある人は調べてみて下さい。

最後にネャットさんの作文を紹介します。


買い物は昔もあった。
しかし、その時買い物は商品を交換することだった。
現在、商品を交換することはお金を使った買い物になった。
欲を買うのにお金が中間のものになると、自分の欲を叶えるために、人はお金をもうける。
一方で、ショッピングはある人の趣味になる。
今回の調査はショッピングについてアンケートをする。
この作文はショッピングの調査結果について書く。

タイでは、様々なショッピングの場所がある。
例えば、デパートやスーパー、マーケットなどだ。
調査結果によると、デパートで売る商品は様々なタイプがあるので、人気がある。
デパートでの商品は品質が良いので、値段が高い。
それに、大体の商品はぜいたく品だ。
特に、最も人気がある商品は服だ。
このことから、現在の大学生がファッションに関して興味があるとわかる。
しかし、最近不景気になったので、商品の値段が安いという理由で、マーケットで買い物する人がたくさんいる。
大体の大学生は友人とショッピングする。
ma-ketto.jpg

友人が相談相手にもなるからだ。
大学生は友人の方が家族よりもよく一緒に行くようだ。
一回でショッピングに使う予算は500バーツから1000バーツまでだ。
まだ働かない大学生にとっては、このお金は高すぎだと思う。
大体お金は両親からもらっている。

 ショッピングは日常生活をするのに、必要なプロセスでも、実用品だけ買うために、お金を使うのは良い。
ショッピングがお金を浪費するという意味ではない。
そのことをよく考えてショッピングをしたら、幸せを創れる。

結論は、賢く(かしこく)ショッピングをすることによって、幸せになれるということですね。
大学生の生活に身近な問題を取り上げましたね。
プレゼンテーションも面白かったですよ.

グループ1からです。

  • 2008/08/19(火) 11:32:38

今回はアンケートの実施を行った結果について、それぞれの作文を書きました。
それでは、ダーさんの作文からです。


タイは、観光地の町として知られているので、大学生の旅行に興味があるかという調査を作った。調査の対象としたのは、KMITLの学生50人である。
そのうち、産業教育学部が20人、工学部が30人に対して、アンケート用紙を渡した。この調査は、2008年の17日から20日にかけて行った。
  
まず、「旅行先はどこでしたか」という問いに50人中46人の学生が「国内旅行」と回答、全体の96%である。
海外旅行は40人だけ、少ない。そして、
「旅行は誰と行きますか。」と尋ねると、大体は親友と行く人が56%で多かった。
一人で行く人は、6%であり、家族は19%だ。
学生は、好きな旅行の目的地については、「海」が60%と大部分を占めた。
山や森の旅行のタイプが好きな人は9人である。
「期間」について、2-3日が60人と最も多かった。
日帰りと1週間だけの旅行をする人は15%と80%である。
 フリーコメントでは、タイでは
「きれいなところがあり、海とか山とかでは天気も良い。」
などの理由で一度旅行する人も多かった。またプーケットやパタヤを旅行するのは有名だからと答えた人もいた。
pu-ket.jpg

 
 私は、タイではきれいなところばかりではなく、人々も親切だと思う。学生は国内旅行者が多く良いことである。また親友と行くこおとは、一人でより楽しいに違いない。政府として、観光産業を推進したら、経済が良くなると考える。

外国人旅行者はもちろんですが、タイのきれいな自然を求めて旅行する
国内学生も多いようですね。
この時期には外国人旅行者がバンコク市内でも多く見られますが、
10月になればみんなも旅行に行くのでしょうか。

次はキャットさんからです。


 「映画」についての調査結果から、アンケートをした人は全部で50人で、その内女性は35人、男性は15人である。

 「映画を見ることが好きですか」という質問に全員が「好き」と答えた。
 また「好き」と答えた人の中から、22.69%が最も好きな映画の種類は「コメディ」である。2番目に16.66%が「アクション」を見るのが好きである。3番目は「ロマンチック」であった。一方で「時代劇」を見る人が少ない。
 「どこで映画をみますか」という質問から、アンケートをした人の48%は「映画館で見ます」と答える。そして、全員のうち44%が「家で」と答える。
 映画を見ることが好きと答えた人の42%は「友人と映画を見ます」と答える。30%は「恋人と」と言う。18%は「家族と」と答える。そして6%は「その他」、例えば一人で映画を見るなどだ。
 次に「映画を見るのはいつですか」という質問に、アンケートをした人の54%は「休日」に映画を見ると答える。全員の内34%は「週末」、そして2%は「その他」と答える。例えば、木曜日や新しい映画のある日などである。
 「映画を見ている回数」は全員の52%は1ヶ月に2、3回と答え、40%は2、3ヶ月に1回と答える。
 最後の質問である「映画と言えば、何の映画を思い出しますか」という問いに、最も多かった答えは「ハリー・ポッター」で、2番は「Kurosaki」そして3番は「Wanted」である。
 その結果を良く見ると、タイの映画がない。多分、タイ人はタイの映画が好きではないのだろう。
20080210kurosagi01.jpg


 タイの人は日本人よりも映画が好きだと思います。
映画館よりもDVDの方が見るような気がしますが、そうではないようですね。
学生は映画館の方が楽しいのかな。


次はアムさんからです。
 
 私のグループは、「同姓愛」について調査した。今回の調査により、人々の同性愛に対する考え方の違いがあるかどうかを表す。この作文には、5つの質問でその調査結果について話す。
 
 まず、
「同性愛者に対してどう考えますか。」
という質問をしたところ、多くの人は
「まぁまぁ」
と感じると答えた。なぜなら、嫌いなことではないからだと思われる。次に
「同性の友人がいたことがありますか。」
と聞くと、最も多かった答えは
「いたことがある」
だ。また多くの人は同性愛を認められると言った。
三つ目は
「同性愛と言うと、何の色を考えますか。」
と質問した。
「紫」
と答えた人は一番多く、こう答えた女性は男性より多かった。
Love mens

「同性愛の結婚を認められますか。」
という4つ目の質問をしたところ、多くの人は
「まぁまぁ」
と答えた。つまり、同性愛の結婚はあまり認められないということである。最後に
「同性の恋人がいたことがありますか。」
と質問した。
「同性の恋人がいたことがありません。」
と答えた人が一番多かった。なぜなら大体異性が好きだからだ。

 このように、現在では同性愛のことが変なことではないのかもしれない。
同性愛者が互いに愛し合い、他の人に迷惑させなければ大丈夫だと思う。
また、私の意見ではどの性でも、良い人と結ばれるのが一番大切だろう。

プレゼンテーションでのディスカッションもずいぶん盛(も)り上がりましたね。
この話題はよくKMITLの学生の間でも出るようですね。

グループ1からです。

  • 2008/08/19(火) 01:52:29

それでは、グループ1の皆さんはどのようなことが「生きがい」になっているのか
紹介していきます。

まずはゲーさんからです。


私にとって、時々自らを考えると、一人の人間は完全な体があって、生まれたことが幸運な事だと思う。
しかし、どうして、一人一人は様々なことをしているのかとか、様々なことを欲しがってしまうのか。
多分、「人生の価値」を表す言葉だからかもしれない。
実は私たちは利益をつくらず、生きがいが無ければ、生活できる。
それから、価値が無くなったら死んでしまう。
この作文は「生きがい」について考える。
 
 ある時、生活していることはつまらなそうだ。今のようだ、この作文を書いているとき。もう日曜日の午後10時15分になっても、まだ終わらない。
作文

多分、作文を書くことが難しくて、たくさんアイディアを使わなければならないからだ。生活していることのようだと思う。
生きがいがなかったら何もしたくない。



 私は幼少時代から今まで、両親から素敵な世話をしてもらって、愛する人々に囲まれている。
そういうことは私の生きがいである。
幼少時代を現代と比べると、私の生きがいはまだ変化しない。
しかし、少し詳細が違う。
子どもの時、友人と遊んで、家族といたことだけで、幸せな感じがした。
しかし、年を取れば取るほど、義務も増える。
だから、人生の狙いと成功に達するために、新しい生きがいを探さなければならない。
休みや歌を聞くこと、運動をすること、成功した人々によって書かれた本を読むこと、毎日笑おうと思っていることなどである。
そういうことは良い生きがいである。それに将来の就職と生活を考えると、私は毎日頑張ろうと思える。
 
 ある時、生活にうんざりしている。または、困りそうな幹事がする時、生きがいがあったら人生の順路の中で、もう一度出発したいと思う。

具体的(ぐたいてき)によく書けていますね。
作文も生きがいにすることができたら、嬉しいんですけどね。(笑)

次はソムさんからです。


生きがいと言えば、自分に対して本当に幸せなことだと思う。
それぞれの人にとって、色々な生きがいがある。私ならば、5つぐらい生きがいを持っている。
 
 人々にとって、一番大切な生きがいはお金で、私にも必要だと思う。
暮らしは幸せだけど、お金が無かったら、様々なことをやめるかもしれない。
一方、お金があったら、自分の暮らしと困る人にも幸せを提供できるはずだ。
 第二は、良い健康があれば、暮らしが幸せになる。人間は良い健康であったら、絶対に幸運だ。
健康

良い健康でいることは人々にとって、一番欲しいことらしい。
 第三は良い社会だ。周りの人達が良かったら、自分の生活がよくなれる。
良い社会と言えば、社会の中の人達は大体良いので、そんな社会にいればいい。
 第四に、おいしい食べ物だ。
私にとっておいしい食べ物がなかったら、しんどい。
最近の生活はよくストレスになるので、ストレスを減らすために、よくおいしい食べ物を食べるようになった。
 最後に、良い音楽がなかったら、生活の美しさがなくなると思う。
 
 以上の生きがいのものから全部が集まって「幸せ」と言えると思う。
それらの生きがいは一つでも失くしたら、幸せになれないだろう。

少し「~と思う」の表現が多いですね。
同じ言葉は何度も使わない方がいい文になりますよ。
順序立てて、上手に説明することができており、読みやすいですね。

二人ともいくつかの生きがいがありましたね。
生きがいは人生の重要なポイントです。
みんなにとっての生きがいは何ですか。


グループ2

  • 2008/08/15(金) 00:07:07

はじめは、ソムさんの作文からです。

友人は誰もが知っている言葉である。
しかし、それぞれの人の定義が異なる。
私の考えでは、友人の定義は助け合い、相談にのって、時には忠告する親せきではない人だ。
時間が経つと、その人と新しく知り合い、お互い誠実になり、その見知らぬ人が友人という親しい人になった。
 
ある人は友人を愛している。
ある人は友人が大切ではないと思う。
ある人は恋人と友人との重要性が同じである。
私が最も愛している人は家族で、次に愛しているのは友人だ。
私が友人が多くても、親しい友人は多くない。
高校生の時、親しい友人が五人いた。
しかし、合格した大学で勉強するために、離れた。私は寂しさを感じ、新しい友人が古い友人と同じではない、いい性格かわからないので、新しい友人は欲しいわけではなかった。大学生の時、他の人から誠実なことが欲しかったら、まず自分が誠実さをあげると思うようになった。
今、私には親しい友人が二人いる。
ギャグさんとネャットさんだ。
寮に住んでいるので、病気の時、私の世話をする人はこの二人である。
時には意見が違ったり、けんかもしたが、仲直りをした。
私はけんかすることでよく分かり合った。
ある人は一生の友人になった。
しかし、意見が違った時に、お互いに話し、友人になるのを止めた。
だから、けんかしたら、道理でお互い話した方がいい。
 
どのくらいの間、友人と結びつくのか分からない。
離れなければならない日に至るまで、友人と結びついているのが多い。
私は高校の時、KMITLで勉強するために、友人と離れた。
今、四年生になり、大学を卒業するので、自分の夢のために再び友人と離れる。
しかし、ずっと私の記憶になっていることはKMITLの友人からもらった、いい友情である。

進学をしたり、就職をしたりする中で、友人関係ももっと広くなっていきます。
離れることはつらいけれども、久しぶりに古い友人と出会った時の喜びは、とても大きなものですよ。

次はネャットさんです。


友人という言葉を定義したら、様々な意見がある。
私の考えでは、友人とはわがままではなく、嬉しい時や問題がある時など助けながら、いつでも私といる人である。
また私が間違えた時、友人は注意する。
この作文は友人について書く。

 人は一人で何もできない。
だから、誰か手伝う人が必要だ。
幼い時から、今まで多くの友人がいても、本当の友人というのは五人以下しかいない。
友人という言葉だけでの約束ではない。
人の間に心の関係である。普通の友人は新の友と違う。
真の友は私が知り、分かる人だ。

 社会には様々なタイプの人がいる。
だから、知っている友人がいい人も良くない人もいるのは当然なことである。
次は、私の親しい友人について語る。
この友人は小学生の時にできた。
彼女は優しいし、大人しいし、いい人だ。
私が気がかりな時、彼女が忙しくても、私の側で私をなぐさめて、問題を解決する。
私のために、彼女がすることは何でも嫌がらないでする。
だから、私はずっと彼女からもらう誠実さを感じる。
彼女は私が大好きな親しい友人だ。
 
一方、私は良くない友人がいた。
彼女は私が大好きな親しい友人だった。
秘密を打ち明けて、問題がある時、相談するが、彼女は私のことについて他の人と悪口を言い、お金をだまし取った。
 
出会った友人との経験から、「友人関係は作るのに、長い期間かかってもだますという言
葉で急に破壊されやすい。」ということが分かる。
誠実だけくれた友人だったので、彼女の価値を見なかった。
気持ちが良くなるために、「彼女がくれた友人関係をもらわなかった方がいい」と思う。
 
私にとって、友人とは大好きなシャツのようだと思う。
長い間経っても、このシャツは洋服箪笥(だんす)の中にずっとある。

少し悲しい経験をしたようですね。
それでも、最後の言葉に表れているように、
ずっとネャットさんの中での思い出になっているんですね。
今はソムさんやギャグさんなどの友人がいますが、
これからも多くのいい友人に恵まれますから、前向きに考えて下さいね。

グループ1

  • 2008/08/14(木) 23:52:41

グループ1の「友人について」の作文も
とても良く書けています。
紹介しますね。

まずは、ワリさんです。


私は子供のときから今まで友人が多い。
母は
「あなたはにこにこして、明るい人だから、多くの友人がいる。」
と言った。それは私のいい点だ。

 ある人は友人が多くいる人に幸せがあると思うが、私はそんなふうに考えない。
「友人」ははっきり定義がない。
人に対して何の基準を使うのか。
私にとって友人は二グループに分けられ、いい友人と悪い友人だ。
いい友人は様々な事をお互いに手伝うとか、問題があるときに相談できる。
悪い友人はり利已的で、いつもせこいことをする。
正直な友人一つは利已的な友人が十人いるよりいい。

 中学生の時は同じ勉強したグループのメンバーが九人がいる。
でも親しい友人が三人だけいる、ソムさん、マットさんピさんだ。
私たちの家は近い。したがって、いつも一緒に活動した。
例えば、バスケットボールをしたし、修学旅行したし、写真を撮った。

 今、大学の友人は二グループがいる。
勉強についてのグループはソムオーさんとダーさんがいる。
彼女たちは宿題を教えるとか、一緒に復習をしている。
別のグループはトンさんとウィットさんがいる。
彼たちはKMITL大学の工学部で勉強する。
すべてのことを相談できる。
一緒にどこでも旅行に誘う。
問題があったら、いつでも電話する。
でも今四年生、それぞれ一生懸命に勉強する。
したがって、たまにしか会えない。

 誰でもどれくらいの時間がかかっても、それの人を「友人」と呼べると言えないかもしれない。
でも時間はその人にいい友人か、あるいは利己的な友人を証明する。

 皆さんは親切な友人がいると思うか。
その人がいたら、ずっと大切にすべきだ。
その人を失ったら、返せない。

友人について、とても深く考えましたね。
「友人」という定義に始まり、友人とは何かについて、ワリさんが考えることが
うまく表現できていますよ。

では、次はウィットさんです。


 あなたにとって、友人は何であるか。
この言葉はそれぞれの人の考え方によって、意味が違う。
友人は寂しい時側にいるだと思う人もいる。友人は何でも相談できる人だと思う人もいる。
しかし、友人という言葉の本当の意味が分かる人はいないようである。

 タイでは一緒に食べる友人を探しやすく、同生共死の友人を探し難諺。私もこの諺に賛成である。
みんなは少なくとも友人が一人いるだろう。私の親友はこれまで十年間ぐらい知っている。
中学の一年生の時に会った。彼女は明るく、親切な人である。
彼女はいつも
「あなたは一人じゃないよ。」
と言っている。家族と話せない事がある時、この友人に相談できる。
この友人は最も親しい人である。

 友人を作る事が好きだ。
親しい友人を会うために、いつもMSNで話している。
MSNからある友人は会ったことがなくても、単に話す。
MSNで話す事はタイ人だけでなく、外国人とも話せる。今私は外国人の友人がたくさんいる。
例えば、ラオス人やエジプト人、ガ-ナ人、カンボジア人などある。
恥ずかしくなく、何でも話せるから、顔を見せず、話す事は良い事だと思う。

 友人の友情はガラスのようである。
割ったら、最初のように組み立てるのは難しい事である。
この友情を守る事は一人の事ではないから、人々はお互い理解し合ったら、友情をまだ続けるだろうと思う。

ウィットさんは、比喩(ひゆ)がとても上手ですね。
(結論の「友情はガラスのようである。」の部分です。)
本当にタイの学生の間ではMSNが流行ってるんですね。
賢く(かしこく)利用しましょうね。

大学までの友人はとても大切です。
これまでのお互い知っているので、何でも話すことができますよ。
社会に出て会う時間も減ってくると思いますが、
ずっと、大切にして欲しいです。

グループ2

  • 2008/08/13(水) 16:52:46

みなさんはどんな趣味を持っていますか。
タイの大学生もいろいろな趣味があります。
ここでは二人の趣味を紹介します。

まずはポムさんです。


皆は暇な時、何をするか。私のこの問題についての考えは、4年生の勉強はとても厳しく、難しいので、趣味のための時間があまりないことだ。
しかし、時間があったら、本を読むのが好きだ。

 私は様々な本を読む。例えば、漫画や雑誌、小説などだ。
最も好きなのは雑誌を読むことだ。
「A・DAY」というのは私が紹介したい雑誌だ。
ファッション・スポーツ、料理についての雑誌ではないが、独特の雑誌だ。
つまり、それぞれの月によってテーマが違うので、若者に人気があると言われる。
「A・DAY」の中は面白いコラムが多い。
私が好きなコラムは「team・paradib」という日本人の亮太さんが書くコラムだ。
彼はタイと日本の違いについて書く。
例えば、「どうしてタイ人の足はきれいなのか」というテーマなどだ。
彼は「タイはバイクが多いので、どこへ行ってもバイクに乗れる。
そうすると、あまり歩かないから足がきれいだが、日本人はいつも歩くので足があまり細くない。」と考えた。
彼のコラムはとても興深いと思う。
また、有名な人のインタビューをするコラムがあり、面白い映画や歌について紹介するコラムなどだ。

 毎月、「A・DAY」のメンバーの人々はミーティングを行う。
私も参加しに行ったことがある。
その時、私達は孤児院で孤児のお世話をした。
たくさんの人を知っているので、とても楽しく、幸せになった。
しかし、最近時間があまりないので、ミーティングに行けない。
 
本を読むことは良いと思う。
私は「A・DAY」を読むことによって、良い点をもらった。
様々なことを知ったり、新しい友人ができたりしたなどだ。
「A・DAY」はどんな雑誌かを知りたいなら、読んでみる方がいい。
yes-magazine-2226.jpg


面白そうな雑誌ですね。
よく本屋やコンビニでも見ますよ。
タイでジャーナリストとして、活躍(かつやく)している日本人の方(かた)もいるんですね。
読んでみたいです。(日本語に訳されていたならですけどね。)

次はピックさんからです。


私の日常生活は月曜日から金曜日まで勉強するために、大学に行く。
授業が終わった週末の土曜日と日曜日には、宿題をするだけでなく、私は他の活動をする。
この作文では、私の趣味について書く。
 
 私の趣味は、MSNをすることだ。
1年生の時、私は友達が多くいたので、MSNを始めた。
MSNのプラスの点は使いやすいし、面白いし、それに外国人の友達と話せることだ。これがMSNをすることが好きな理由だ。
 
 夏休み、私は家にいた。大変寂しかった。
だから、毎日、MSNをした。
ある日、私はアメリカ人と話した。
私は彼と話したいけれども、私は英語を話すのが上手ではなかった。
彼と話した時、キーボードを打ちながら、辞書で調べた。
とても大変だったが、面白かった。
もし、英語を一生懸命勉強したら、私は外国人の友達が多くいるだろう。
私の趣味はMSNをするだけはなく、この頃私は日本語の文法をよく読む。
4年生になると、日本語はだんだん難しくなり、宿題やレポートなどが多い。
だから、難しい文法がわかるために、日本語の文法を読んだ方がいいと思う。
また、12月に日本語能力試験を受けたい。
毎日、本を読むのは大変だ。
今、私の趣味は日本語を勉強することだけだ。

 MSNをすること、または日本語を練習することは、私にとっていいことだ。
毎日日本語を練習したら、日本語が上手になると思う。
一方、MSNをするのはキーボードを打つのが上手になり、外国人の友達とよく話したら、英語と日本語も上手になるだろう。
つまり、私の趣味は日本語に対する活動だ。
screen-msn_messenger_spam-christina.png


 チャットで語学を勉強する方法は、世界中で流行ってきているようですね。
とても新しい方法ですが、「書く」能力(のうりょく)については、効果的(こうかてき)ですよ。
4年生のみなさんなら、できると思いますよ。
興味がある人はチャレンジしてみましょう






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。