スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ1からです。

  • 2008/08/19(火) 11:32:38

今回はアンケートの実施を行った結果について、それぞれの作文を書きました。
それでは、ダーさんの作文からです。


タイは、観光地の町として知られているので、大学生の旅行に興味があるかという調査を作った。調査の対象としたのは、KMITLの学生50人である。
そのうち、産業教育学部が20人、工学部が30人に対して、アンケート用紙を渡した。この調査は、2008年の17日から20日にかけて行った。
  
まず、「旅行先はどこでしたか」という問いに50人中46人の学生が「国内旅行」と回答、全体の96%である。
海外旅行は40人だけ、少ない。そして、
「旅行は誰と行きますか。」と尋ねると、大体は親友と行く人が56%で多かった。
一人で行く人は、6%であり、家族は19%だ。
学生は、好きな旅行の目的地については、「海」が60%と大部分を占めた。
山や森の旅行のタイプが好きな人は9人である。
「期間」について、2-3日が60人と最も多かった。
日帰りと1週間だけの旅行をする人は15%と80%である。
 フリーコメントでは、タイでは
「きれいなところがあり、海とか山とかでは天気も良い。」
などの理由で一度旅行する人も多かった。またプーケットやパタヤを旅行するのは有名だからと答えた人もいた。
pu-ket.jpg

 
 私は、タイではきれいなところばかりではなく、人々も親切だと思う。学生は国内旅行者が多く良いことである。また親友と行くこおとは、一人でより楽しいに違いない。政府として、観光産業を推進したら、経済が良くなると考える。

外国人旅行者はもちろんですが、タイのきれいな自然を求めて旅行する
国内学生も多いようですね。
この時期には外国人旅行者がバンコク市内でも多く見られますが、
10月になればみんなも旅行に行くのでしょうか。

次はキャットさんからです。


 「映画」についての調査結果から、アンケートをした人は全部で50人で、その内女性は35人、男性は15人である。

 「映画を見ることが好きですか」という質問に全員が「好き」と答えた。
 また「好き」と答えた人の中から、22.69%が最も好きな映画の種類は「コメディ」である。2番目に16.66%が「アクション」を見るのが好きである。3番目は「ロマンチック」であった。一方で「時代劇」を見る人が少ない。
 「どこで映画をみますか」という質問から、アンケートをした人の48%は「映画館で見ます」と答える。そして、全員のうち44%が「家で」と答える。
 映画を見ることが好きと答えた人の42%は「友人と映画を見ます」と答える。30%は「恋人と」と言う。18%は「家族と」と答える。そして6%は「その他」、例えば一人で映画を見るなどだ。
 次に「映画を見るのはいつですか」という質問に、アンケートをした人の54%は「休日」に映画を見ると答える。全員の内34%は「週末」、そして2%は「その他」と答える。例えば、木曜日や新しい映画のある日などである。
 「映画を見ている回数」は全員の52%は1ヶ月に2、3回と答え、40%は2、3ヶ月に1回と答える。
 最後の質問である「映画と言えば、何の映画を思い出しますか」という問いに、最も多かった答えは「ハリー・ポッター」で、2番は「Kurosaki」そして3番は「Wanted」である。
 その結果を良く見ると、タイの映画がない。多分、タイ人はタイの映画が好きではないのだろう。
20080210kurosagi01.jpg


 タイの人は日本人よりも映画が好きだと思います。
映画館よりもDVDの方が見るような気がしますが、そうではないようですね。
学生は映画館の方が楽しいのかな。


次はアムさんからです。
 
 私のグループは、「同姓愛」について調査した。今回の調査により、人々の同性愛に対する考え方の違いがあるかどうかを表す。この作文には、5つの質問でその調査結果について話す。
 
 まず、
「同性愛者に対してどう考えますか。」
という質問をしたところ、多くの人は
「まぁまぁ」
と感じると答えた。なぜなら、嫌いなことではないからだと思われる。次に
「同性の友人がいたことがありますか。」
と聞くと、最も多かった答えは
「いたことがある」
だ。また多くの人は同性愛を認められると言った。
三つ目は
「同性愛と言うと、何の色を考えますか。」
と質問した。
「紫」
と答えた人は一番多く、こう答えた女性は男性より多かった。
Love mens

「同性愛の結婚を認められますか。」
という4つ目の質問をしたところ、多くの人は
「まぁまぁ」
と答えた。つまり、同性愛の結婚はあまり認められないということである。最後に
「同性の恋人がいたことがありますか。」
と質問した。
「同性の恋人がいたことがありません。」
と答えた人が一番多かった。なぜなら大体異性が好きだからだ。

 このように、現在では同性愛のことが変なことではないのかもしれない。
同性愛者が互いに愛し合い、他の人に迷惑させなければ大丈夫だと思う。
また、私の意見ではどの性でも、良い人と結ばれるのが一番大切だろう。

プレゼンテーションでのディスカッションもずいぶん盛(も)り上がりましたね。
この話題はよくKMITLの学生の間でも出るようですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。