スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ2からです。

  • 2008/08/29(金) 13:22:46

今回はタイの学生が関心のある、タイの社会問題について紹介します。

最初にギャグさんの作文からです。


 現在、タイには様々な社会問題ある。
例えば、麻薬問題や売春問題、乞食問題などだ。
その中でも最も解決しなければならない問題は乞食問題だと思う。

 乞食問題は様々な途上国にある。
例えば、インドやベトナム、バングラディッシュ、カンボジアなどだ。
タイはその国の一つにすぎない。
この問題の原因は乞食になることが簡単で、たくさんをお金をもらったことだ。
それに能力が必要ではない。
他にタイ人が布教をあげるので、乞食は急に増える。

タイでは乞食のビジネスが起こった。
そして、乞食のギャングは乞食をするために、子供、老人、体の不自由な人を探す。
手に入れたお金を集め、みんなに分けた。
それにボスに2000バーツを払わなければならない。
カンボジア人も密入国している。
この人たちは家族全員で来た。

 全体の乞食の所得は合計で1ヶ月1200万バーツだった。
2004年に1000人の乞食ギャングを逮捕した。
それから、2005年に乞食は政府に監督された。
この法律は体の不自由な乞食なら、治療をしながら職業訓練をしてもらい、乞食のギャングのボスは3年以下の懲役であるとか、何万バーツ以下の罰金を課せられる。
それに、乞食のギャングから全部没収し、お金は国のものになった。

#3586;#3629;

 私は布教をあげるのはいい事だと思う。
しかし、多分ヤクザを奨励することになるだろう。
少し気にかかる事があった。法律がでた。
なぜ乞食のギャングが無くなるか。
もっと真面目に検討しないことには、乞食問題が無くならない。

今でもタイでは大きな社会問題ですが、なかなか解決できないようですね。
特に観光客にとっては、ついお金をあげてしまいがちですが、
今タイ政府としては厳しく取り締まっているので、理解してもらいたいですね。

次はソムさんからです。


 現在、タイには様々な社会問題がある。
例えば、エイズ、麻薬、汚職などである。
その中でも最も解決しなければならない問題はエイズ問題だと思う。

 エイズの起源はアフリカ大陸から来た。
それから、アメリカ大陸に渡った。
タイは1984年にエイズが発見された。
初めはホモセクシュアルの人であった。
エイズ率は急に増えている。
100万人のタイ人がエイズになっている。

 エイズの原因は、二種類ある。
一番はセックスでエイズになる。
例えば、誰とでもセックスすることや同性愛などである。
大切なことはコンドームを使わないでセックスをしないことである。
二番目は血液から移ることでエイズになる。
例えば、同じ注射針を使うこと、親が妊娠した時、エイズなら、子どももエイズになる。
今、この問題はエイズに冒される人々が変化してきている。
昔、エイズに冒される人々は多数の人とセックスしたり、同じ注射針を使うひとであった。
しかし、今、エイズに冒される人々は若者である。
皆さんはエイズ感染者を怖がるので、エイズ感染者は嫌がる。
しかし、正しい知識を得ればエイズ感染者と住むことができる。
タイは1985年に万国エイズ計画に参加している。
そういうわけで毎年12月1日をエイズの日に決めている。
それに、タイと日本はエイズを防ぐワクチンを研究するために、協力する。

 私はエイズを防ぐキャンペーンがあっても、エイズ問題が減らないだろうと考える。
エイズを防ぐキャンペーンは実行する人もいれば、一方で無視する人もいるからである。
私は皆さんが自分と恋人に正直であれば、この問題は起こらないだとうと考える。
red ribbom

日本でもエイズ感染者が毎年増えているそうです。
しかし、タイの若者の方が深い知識を持っているように感じます。
タイの政策に学ぶべき点がいくつもあると思います。
この問題に対しては日本、タイの若者にもっと関心を持って欲しいですね。






スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。