スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ2からです。

  • 2008/08/29(金) 14:53:42

ずっとアップしてきた作文のブログですが、
提出作文も残り少なくなってきました。
今回はみなさんの尊敬する人についてです。

それでは、ポム(36番)さんからの作文を紹介します。


現在、タイでは食べ物についてのビジネスが急速に進歩しているので、私はこのビジネスに興味がある。
この作文は私の尊敬するビジネスマンを紹介したい。
OISHIグループの会長のタン・パートゴーンナティーである。

 タンさんは1959年4月4日に生まれた。
今49歳である。
彼のお父さんは会計士をしていたが、お母さんは学歴がないのでお菓子を売っていた。
彼はチョンブリー県で公立小学校を卒業した後、パジョンという寄宿舎付きの中学校に進学した。
家が貧乏だったので、卒業した後、お父さんと一緒にバンコクへ移ったから進学できなかった。
お父さんの手伝いで、彼はラシラシャターニー・メートーの社員になった。
この会社は様々な国からの輸入品を売る会社である。
給料は700バーツだけだった。
彼が一生懸命働くことによって、4年後、1万8000バーツの給料で部長になった。
しかし、自分のビジネスをしたかったので、本屋を造るために仕事を辞めることを決めた。
それから、ハンバーガー屋やパン屋、美容院などという様々なビジネスに投資した。
OISHI.jpg


 1999年、タイでは強い経済の問題が起こったから、借金が多かった。
しかし、彼はその問題が解決できた。
それだけでなく、食べ物と飲み物についてのOISHIグループ会社をつくり、様々な店をつくっている。
OISHIレストランやOISHIお茶、In&Outパン屋という有名なものである。
さらに、彼はビジネスを持つばかりか、財団にお金を提供している。
れす

 
 彼は中学しか卒業しなかったが、一生懸命働いたので、企業家として成功した。
彼の真面目さには、本当に尊敬するものがあると思う。
私もタンさんのようになりたいので、頑張っている。

あのOISHIグループ会社の成功の裏(うら)には、
そんな苦労(くろう)話があったんですね。
ひたむきに(一生懸命)頑張ることってできそうで、できないんですよね。
みんなは大学まで進学できて、とても恵(めぐ)まれていますよ。
その分(ぶん)頑張りましょう。

次はナムワンさんからです。

 私の尊敬する人、コーフィー・アナンは7番目の国連事務総長である。
彼は、1938年4月8日に生まれた。
ガーナ人である。
ニンシィーと結婚した。ニンシィーはスウェーデン人である。
子どもが4人いる。


 彼は、技術と科学を勉強した後、アメリカのマーカーレスター大学に進学した。
その後、スイスのシェーニワー大学の経済学とアメリカのマサチューセッチュ大学の経営学部を卒業した。
また彼は様々な言語が話すことができる。
例えば、英語やフランス語、アメリカの方言などである。
そして、彼は1962年初めて国連で働いた。世界保健機関の予算を立てた人である。
それから、様々な義務を果たした。
例えば1990年イラクの軍隊はクウェートを侵入した後、彼をイラクの政府と交渉する大使として任命した。

彼は1993年に平和活動をした。
それから1997年1月1日に国連事務総長に任命された。
国連事務総長になった後も、様々な国の人を助けた。
例えば、貧しい人々に対する寛容の心を持つように、人々の心を動かした。
特に不平や醜さ、苦しみなどである。
彼は2001年ノーベル賞を受賞した。
6番目のノーベル平和賞を受賞した黒人である。
阿南


 彼は、世界中で平和活動をしている素晴らしい人である。
彼が世界中のみんなのために献身するのは、実に尊敬するものがある。
世界中の人が、彼のように世界の人のために、献身すれば、もっと世界は平和な生活になると思う。

ビウさんの考えの通りですね。
アナン事務総長までいかなくとも、一人一人が平和な社会を築くためにできることは
きっとみんなの側(そば)にあります。
彼は世界の人々に勇気(ゆうき)と希望を与えてくれていますね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。