スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ1からです。

  • 2008/08/29(金) 14:55:55

では、グループ1からの「日本語科を専攻した理由」について紹介します。
最初はテェーンさんからです。


高校生の時には、歴史や地理、政治、統治について興味があり、タイだけでなく、世界史にも興味があった。
特に、先生が様々な歴史と国々の政治を語った話を聞くのが好きだっった。その時代に遊びに行くような感じがして、面白かった。
したがって、大学生になったら、政治学部を選ぶつもりだった。
 
私が高校生の時には、入学試験を受けることが大事だから、最もストレスのある期間だったと思う。
タイの教育制度によって、全国にどの大学でも自分の習いたい学部が4学部選べるようになった。
タマサート大学はタイの大学ランクの上位5位に入っており、法律と政治について有名だとよく知られている。
故に、是非そこで勉強したいと思った。
試験の時、大勢の学生が受けたが、試験は難しく、私も受からなかった。
合格しなかった事はめずらしい事ではないと思う。
入学試験を受けているとき、母が
「卒業した後、何になりたいか。」
と聞いた。
私は全然質問に答えられない。
母は話続け、
「女の町長になりたいが、私達は普通な人だから、上流階級になる力がない。」
と言った。
母が話した後に何回も考えて、自分にあった新しい道の方で良いと思うことを探した。
家族を手伝いたいために、お金を貯めるなどのために、私は日本語を勉強することになった。その時、将来の職業は何をするのかわからなかった。
父が働いている会社に通訳の仕事として入れば、給料も良く、それに上手になれば、日本に行くこともできるかもしれない。兄も賛成だった。
 
そして、私はラカバンで日本語科専攻を選んで、勉強することになった。
兄と一緒に住んでいる。
田舎へ帰る度に、父に日常会話の必要な日本語を教えてあげたりしている。
私は幸せで、誇りに思う感じがして、日本語を勉強することはきっと間違っていなかったと思う。
否ア


日本語科を専攻したきっかけは実は(本当には)、それほど大切ではないのだと思いますよ。
専攻した後に、どのように頑張れるか、がもっと重要なことですから、
きっとテェーンさんが頑張っているから、そう思えるようになったんでしょうね。

では、次にウィットさんからの作文を紹介します。


 多くの人は自分のしたくない事をしようと決めたことがあるかもしれない。
ある人はそのことをし続けるのを選んだ。
しかし、ある人は自分のしたいことをするために、変わるのを選んだ。
私は後者の変わるのを選んだ人である。
 
 初めの大学入試の時、私の周りの人は
「どうして工学部で勉強することに決めたか。」
 と聞いた。
自分に聞いてみると、答えが分からなかった。
その時、工学部で勉強したくないと分かったのに、タマサート大学の工学部で勉強した。
初めの学期が終わると、もう一度大学入試をしてみるために、勉強し続けないことに決めた。
やっと言葉について勉強したいか分かった。

 勉強したい言葉がたくさんあるので、何の言葉を勉強した方が良いのかと考えた。
姉は
「高校生の時、あなたは日本語を勉強したかったではないか、なぜ日本語科で勉強しないのか」
と聞くと、高校生の時、日本語を勉強したかった気持ちが蘇った。
だから日本語科で勉強することに決めた。
将来

 
 実は日本語を勉強したいことは一つの忘れてしまった夢のようだった。
しかし、姉のおかげで、私は夢のとおりにできた。 
卒業してから、何をしたいかまだ分からなかったが、確かに日本語を勉強し続けようと思っている。
みなさんは今したことができているか。
みんなは忘れてしまった夢があるか。
自分の夢のとおりにすることは良いことではないだろうか。

人生に正しい答えはないですね。
ただ思うとおりに進めばいいんです。
そこで、もし自分でまた違うと思えば、少し道を変えればいい。
ただそれだけなのです。大丈夫。みんなはきっと頑張れます。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。