スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ1からです。

  • 2008/08/29(金) 15:00:00

タイの学生が尊敬している人はどんな人でしょう。

まずはマムさんからです。


子どもの頃から今まで、私にとって偉い人がたくさんいる。
先生とか先輩とか、ある大人である。
しかし、私の心の中にずっといる人は父だ。
 
 父は私の生きがいのいい見本になる。
彼はいい家の頭領だ。
家では牛の農場があるので、父は毎日牛に草をあげながら飼っている。
その農場では牛を65頭飼っている。
とても大変だと思う。
でも父は面白いので毎日すると、幸せだと言った。
私は父に
「仕事大変?」
「暑いのに、大丈夫?」
という質問を聞いたことがある。
いつも答えは
「あなたの子供じゃないんだから、心配しなくてもいいよ。」
と言っていた。
毎回、私は涙を流していた。
そのことを言っても、父は働き続けた。
畜産


 父は面白いし、陽気だし、だから友人も多い。
それだけでなく、父は私に我慢を教えてくれた。
実は高校の時からずっと寮に泊まっていた。
時々は寂しい感じがするが、両親に電話をかけない。
どうしてだと思う。
父は
「大切なことがなかったら、電話をかけてはいけない。」
と言ったことがある。
寂しくても、我慢しなければならない。
今はもう慣れた。
一人で泊まるのは大丈夫。
だから、私の性格は父に似ていると考える。
父はまじめな人なので、休日があない。
彼はお年寄りになったら、私は心配すると思う。
だから、卒業した後、家へ帰りたいけど、帰ってはいけないと命令された。
仕事をしなさいと言われた。

 父はいい見本なので、ずっと私の尊敬する人だと言える。
それぞれの人の尊敬する人は違うが、皆さんが尊敬する人のとおりにしたらいいだろうと思う。

とても我慢強い(がまんづよい)お父さんなんですね。
マムさんはお父さんの子どもで幸せですよね。
同時に、自分の身近にいる人を尊敬できることもとても幸せだと思います。

次はクックさんからです。


 私の尊敬する人はレーナ・マリア・クリングヴァルだ。
彼女は体に障害がある歌手だ。
彼女はスウェーデンの中南部の村に生まれた。
誕生日は1968年9月28日だ。
家族は両親と弟がいる。
父親は警官だ。
母親は看護婦だ。

 彼女は出生時から両腕がなく、右脚が半分の長さしかない。
両親は自分たちの手で普通の子と同じように育てた。
3歳の時から水泳教室に通い始めた。
水泳歴のハイライトは1988年にソウルオリンピックへの出場であった。
彼女は、泳ぐことばかりか歌うことも上手だ。
1987年に名門ストックホルム音楽大学に入学した。
彼女の声はとても美しいから、大学を卒業後、ゴスペル・シンガーとして本格的に活動を始め、様々な国でコンサートを行った。
1997年3月には、長野冬季パラリンピック開会式で歌った。
彼女は多くのアルバムができた。
例えば、「イン・ユア・ディライト」や「アメージング・グレイス」などだ。
その他に、彼女も自分の生活について本を作った。
この本の名前は「Foot・Notes」だ。
rena.jpg


 彼女は体に障害があるのに、普通の人と同じ生活ができ、成功したのだから、大したものだと思う。
私たちは、生まれる所を選べないが、何をするのか選べる。
できるだけしたいことをするように努力するべきだ。
したがって、私はレーナ・マリアの伝記を読み、すごく尊敬している。

自分に負けずに頑張り続けることができるのは、とてもすばらしいですね。
尊敬する人に習って、努力していきたいですね。



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。